ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

エプスタイン拷問島で行われた戦慄の生贄儀式!

カテゴリ:NWO

エプスタイン拷問島で行われた戦慄の生贄儀式!

ジェフリー・エプスタインは「自殺」した
「他殺=暗殺」と言う疑いも晴れない…。
小児性愛・人身売買の容疑者であった
死後、
エプスタイン島(リトル・セント・ジョージア島)にFBIは入った
周辺海域では多くの人骨が発見されたという情報…。

 

死んだのは別人で、

本人は死んだ者として別に匿われているという噂もある。

とにかく、

今を時めくペドフィリア(小児性愛・虐待・人身売買)の最重要人物である。

 

その関係する人脈の要となる重要人物であるから、

暗殺される可能性は多大であった。

要するに口封じである。

 

これに関しては前回書いた。

 

今回は、

この事件は単発の小児性愛事件ではなく、

単なる人身売買・セックススライブ(性奴隷)饗宴でもなく、

幼児生贄儀式を含むペドフィリア悪魔教のすべてを含む悍(おぞ)ましい

戦慄の悪行だったのだ。

 

その全貌が次第に明らかになりつつある。

 

この暴露のために、

彼は生かされて匿われたとするなら、

その方が理屈に合う。

 

以下のツイッターのスレッドは、

その全貌を要約して余りある。

誰がこの暴露を頼んだのか?

暴露したのはQアノンである。

 

リトル・セント・ジョージア島は今や

エプスタイン拷問島(EPSTEIN'S TORTURE ISLAND)と呼ばれるにふさわしい。

その島の饗宴にはセックススライブ(性奴隷)饗宴もあったが、

極めつけは「生贄儀式」である。

 

それは島の中腹にある洞窟で準備なされた。

その犠牲者は、

第2グループと呼ばれる幼き命であった。

何故に第2グループに選抜されたかは定かではないが、

要するにエリートの好みである。

 

彼らは拷問を経て、

アドレナリンを最大化された後、

恐怖のうちの殺されたのであろう。

その血は、

ワインに混ぜられて饗宴に供された。

当然、

人肉徒食も行われたものと推量する。

 

 これに参画した人物は、

ジェフリー・エプスタインの手帳に細かく記され、

その全暴露を待っている。

それらが明らかにされるのは、

その為の軍事法廷の場であろう。

その準備は整っている。

 

そして、

その積極的参画者は死刑である。

アメリカに死刑が復活するのは、

この事件の裁きのためである。

 

 以下、

ツイッターのスレッド!https://t.co/xrnW6J4RKZ

翻訳付きは以下に参照頂くこととした。

 

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

[parts:eNoztDJkhAMmY3OmVEtz89Q0EyMAHl0DUg==]

 

 

【参考資料】

本日のつぶやき⇒https://twitter.com/hyouhei

 



a:762 t:13 y:14

コメント


認証コード1447

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional