ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

韓国 GSOMIA破棄を発表 日本に今後も強硬姿勢か!

韓国 GSOMIA破棄を発表 日本に今後も強硬姿勢か!

大方の予想は中った…!
それも異常の判断予想が奇しくも中った
という事は、
今の韓国政権は普通ではなく「異常」ということ
韓国は崩壊、南朝鮮人民共和国発進か?
それとも軍事クーデター政権発足か?

 

何れにしても、

尋常ではない政権判断だが、

これまでの経過からして日本人の多くは驚いてはいない。

驚き、

狼狽え、

怒りを込めてあれこれ言っているのは反日メディアである。

誰に対して「怒って」いるのかと言うと、

日本政府とりわけ「安倍政権」に対してである。

 

これで多くの事が見えてきた。

要するに、

韓国文在寅大統領の「無能と怨嗟」の終着点。

只でさえ、

恨の土壌にある韓国民を煽って大統領となった

活動家文在寅の成れの果てだ。

これが彼の起死回生となるか?

命取りとなるか?

支持率低迷に拍車が掛かっている。

 

反日であっても、

まともな韓国人なら

北朝鮮の奴隷の民に倣うことはないと考えるだろう。

行く末は、

奴隷に甘んじるか、

粛清に甘んじるか2つに一つだ。

なら、

立ち上がる人々も出てくるはずである。

 

それは韓国の内部事情だから口を差し挟む理由はないが、

せめて、

日本に逃亡する迷惑だけはやめてほしい。

出来れば、

関わりののない隣人であって、

静かに選択の自由を満喫してほしい。

奴隷か?

死か?

それは自由選択だ。

 

韓国 GSOMIA破棄を発表 日本に今後も強硬姿勢か(19/08/22)

【参考資料】

本日のつぶやき⇒https://twitter.com/hyouhei

 



a:247 t:2 y:1

コメント


認証コード3661

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional