ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

繰り返される米国カリフォルニア山火事・・・!

繰り返される米国カリフォルニア山火事・・・!

犠牲者82人、
行方不明者700人以上・・・。
次第に増大する・・・
何故か?
人為的に仕組まれた山火事であるからだ・・・?!

 

そう考えると、

腑に落ちないまでも妙に納得する。

前回もそうであったが、

奇妙なビームが空から落ちてくる・・・。

すると、

ピンポイントで発火して火災が始める。

 

指向性ダイレクトエナジーウェポン(DEW)

現存するのである。

いわゆるレーザー兵器である。

米国ばかりでなく、

ロシアにも、

中共もそれはある。

 

これで付け火をされたらおしまいだ。

これで火に囲まれたら、

中の人間も動物も逃げるのは困難だろう。

 

実際、

逃避する際、

炎の中に迷い込んで必死に脱出しようとする、

動画が投稿されている。

まさに九死に一生のドラマが展開したようだ。

 

千人を超える死者(行方不明者を含む)が推量される事態は、

普通に考えて、

尋常ならざる状況が発現していたのだろう。

まさに炎に巻かれる不可避な状況が

「演出」されたとかしか考えようが無い。

 

人為的な発生原因と言われているが、

普通の付け火では無い。

 

実に不気味である。

大東亜戦争当時、

東京空襲では焼き野原作戦が用いられた。

その時、

焼夷弾の投下は「包み込む」ように実施された、

と聞く。

出来るだけ多くの民間犠牲者を企図したのだ。

 

これでは逃げ果せるは、

人も動物も難しい。

「恐怖と萎縮」を惹き起こさせるためには

容赦も手加減もない。

 

住宅や木はそのままですが、住宅や車は溶けて完全に焼却されます!!!パラダイスは野焼きで焼かれていません!目を覚ます!!!このDeep State 911スタイルの攻撃は、宇宙からの指向性エネルギーを使って気候変動を促進しました!

 

実際、

こうも連続すると、

いつの山火事の写真なのか?

選び取るのも一苦労である

 

火元は一体どれだけあるか?

見当もつかないのだ。

無数である。

 



a:366 t:4 y:5

コメント


認証コード0147

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional