ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

いわゆるLGBT問題と男女差別問題について

いわゆるLGBT問題と男女差別問題について

近頃「Me Too」運動も含めて・・・
本質を離れて「うざい」ことが夥しい!
素より、
セクハラ・パワハラ否定は当然の事だが、
政治利用が「ウザったい」のである!
現今の状況はポリコレ(political correctness)の破壊論だ!

 

多くの人々はそれに気が付いて、

うんざりしている。

何でもかんでもポリコレ(political correctness)で叩けば、

政治的目的を達成すると

安易に多用している。

 

しかし、

その実は多くの人々の顰蹙を買っているのである。

これは政治的陰謀である。

それは見抜かれている。

今般の杉田水脈衆議院議員の発言に対する

LGBT差別問題も、

言論の一部流用の意図的な政治攻撃である事は明らかだ。

 

その方向性は政権転覆政治利用行動である。

 

その事は行動者の素性と構成人士を見れば

一目瞭然というところで、

共産党とその取り巻き、

Pro市民活動家並びに反日組織であることから分かる。

メディアもそれに追随している。

身の毛もよだつおぞましさと言ったところだ。

 

ところが、

その運動も綻び始めた。

その典型は、

伊藤詩織さんのレイプ事件である。

レイプ事件ではない。

司直の手に依り立件できていないからである。

少なくとも公法上レイプではない。

 

にも拘らず、

本人がその事を主張している・・・。

それはそれで言論の自由であるが、

余りに露骨すぎて、

政治利用見え見えなのである。

 

彼女は日本人か?

彼女は中国人で帰化しているかもしれないが、

中国名が存在する可能性ががある・・・。

芦暁楠さんである。

確認することは出来ないが可能性を否定できない。

 

同一人物と断定できる根拠はないが、

芦暁楠さんは、

一度、

破産手続きの開始決定を受けている・・・。

その事情は詳らかではないが、

はたして同一人物であろうか?

 

とすると、

推論であるが件の事件は、

ハニートラップ事件であるかもしれず闇が深い。

そして、

その後の成り行きを観ると、

「レイプ事件」は本人実名・顔出しで大々的に公表され、

本を書き、

ブログでその事件の詳細を語っている。

極め付きは、

BBCまで出かけて、

流暢な英語力を生かして番組出演まで行っている。

 

 

その主旨は、

赤裸々に語られる「レイプ事件の真相」であり、

反日宣伝噴飯モノである・・・?!

どう考えても、

一介の被害者女性の純粋な告発とは思えない。

 

最大の疑念は、

日本人の感性として、

仮に「レイプ事件」が確定もしていない段階で、

そこまで吹聴できるタイプの問題であろうかと言うことである。

そして、

自国の政権批判に繋がる方向性を観て、

他国で吹聴する内容とは到底思えない。

 

告発記者会見も海外特派員協会だし、

告発メディアもBBCや海外メディアである。

日本は

こうした問題に拓けていない理由もあるかもしれない。

それにしても、

誰がその段取りをしたかである。

到底、

一人の被害女性のなせる業ではないのである。

 

もし、

それだけの能力があるなら、

就職の斡旋を頼む必要性もない。

近づいたのである。

ここに、

ハニートラップの匂いを嗅ぐのは一人ではないだろう。

 

主張するのも自由である。

その権利も有する。

支援しているのは誰か?

お決まりのPro市民・反日左翼である・・・。

これを持って、

真実とは程遠いと判断するのも当然である。

 

反日プロパガンダは、

そのほとんどが捏造から来ている・・・。

その事がはっきりして来たのは最近だが、

慰安婦問題然り、

南京大虐殺問題然り。

挙げれば、

枚挙の暇がないので止めて置くが、

最近の沖縄反基地闘争などもその主力は、

Pro市民・沖縄県外組の雇われ市民である。

 

それを言われると一番困るのが、

当の活動家達であるがこれは確定している・・・。

 

さて、

沖縄県では反基地闘争知事翁長さんが亡くなった。

哀悼すべき出来事であるが、

それをも利用して闘争を煽っているのが、

上記活動家達である。

 

単なる思想信条からであれば、

自由である。

だが、

その闘争手段、手法は偽善に満ちている。

真実の目から見ても欺瞞である。

 

県民大会が開かれた。

その動員数が7万人と主催者側が発表しているが、

1万人も満たない。

そして、

動員数のほとんどは全国からの労働組合員、

新左翼(革マル等)等の寄せ集めである。

 

それぞれの組合旗・団体旗は都合が悪いとして、

隠してのプラカード掲揚写真がある。

造られた大会模様である。

それらは、

指導者の号令で支持されている。

何ともいじましい活動であろうか?

 

こんなものは市民の意思ではない。

沖縄県民の意思ではない。

Pro市民のプロパガンダである。

民主主義国家の政治集会ではなく、

全体主義国家の統制政治集会である・・・。

 

こんな事が堂々と行われているのである。

もはや、

断末魔の「市民活動」と言うべきである。

本当に7万人集会なら、

こうなる。

 

 

真の沖縄県民の声を聞くことも必要だ!

 



a:1142 t:1 y:4

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード1934

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional