ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

クリプトが明日の世界を変えている・・・!

クリプトが明日の世界を変えている・・・!

クリプトと言うのは暗号の意である・・・。
暗号通貨(クリプトカレンシー)が世界を変える
これはもはや明確なことだろう
日本では仮想通貨(バーチャルカレンシー)と呼ばれている・・・! 
仮想(バーチャル)からリアル(現実)へ・・・。

 

とはいっても、

それを肌で感じるところまでは言っていない。

それは、

実質流通貨幣としては極一部であるからだ。

ビットコインが店舗決済できると言ったって、

約30万店舗と言われているが、

日本全体で見た大証店舗(約150万軒)から見れば、

3%足らずである。

 

しかも、

決済手段を有している消費者は極少数である。

ほとんどは何もかも緒についたばかりだ。

だから、

仮想通貨と言えば、

投資と言うか投機的手段で広がりを見せている。

通貨の売買取引で活況を呈している状況だ。

 

昨年(2017年)末にはビットコインが一時的に230万円/BTCを越えた。

仮想通貨バブルとも騒がれたが、

今では70万円/BTCを切っている。

仮想通貨も数多く市場に投入され、

現時点で1,500コインを越えている。

ビットコイン以外をアルトコイン(Alternative Coin)と呼ばれ、

今やアルトコインICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)が

真っ盛りと言う状況である。


はたして今後の行方はどうか?


実は今年に入って大いに注目して見た。

ブログ記事を怠って居たのも、

少なからずそうした理由がある。

で、

ある確信が得られたので、

仮想通貨(暗号通貨)にも大いに触れて参りたい。

 

どの仮想通貨が儲けられるか?

という観点はさて置きたい。

そういう記事はゴマンとある。

それはそういう記事を参考にして頂けるとありがたい。

あくまでも、

本物かどうかとの観点が主題である。

真実の「真」、

真実が何処にあるかと言う事が当ブログのテーマである。

 

確信に至ったと書いたが、

仮想通貨(暗号通貨)は将来の通貨として台頭する。

通貨インフラとしては、

未だ緒についたばかりで、

全く覚束ない状況にある。

と言うのも、

どうやって所持するか?

どう使うか?

ほとんどの人は知らない。

 

どういう仕組みで作られているかも知らない。

まさに仮想(パーチャル)の域を出ていない。


が、

厳然としてそれはある。

そこに投ぜられる資金(法定通貨)は、

暴落したといっても日本円で27兆円(2018年6月)もの資金が投ぜられている。

最盛期で80兆円を超えた(2017年12月)。

暴落したといっても、

昨年同期は時価総額10兆円(2017年6月)であるから、

今年はその役3倍付近で推移している・・・。

今後はさらに増額するであろうし、

今年度末には100兆円を越えるだろうと確信している。

 

行く行くは250兆円を超えるとの観測がある。

そうした観測は間違いないだろう。

同時に愁眉のインフラ整備が求められる。

通貨として機能するには、

誰でも、

どこでも、

気軽に利用できる事が必須なのだ。

 

決済に活用出来なければ通貨ではない。

どうやって所持するか?

つまり、

お財布(ウォレット)が必要である。

未だ充分とは言えない。

決済システム、

決済機能端末も緒についたばかりである。

 

今年から来年にかけて多くが出そろうものと思われる。

 

今、

多くのコインが出回っているが、

多くのコインは唯我独尊的で利便性を競っているが、

実体は未だない。

仮に実体が良かったとしても、

数多くのコインとの連関の輪が必要だ。

つまり、

プラットフォームが確立されなければならない。

 

数多くのコイン(通貨)が

縦横無尽に流通してこそ理想である。

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)

しているコインもそれが見えないケースが数多い。

ICO詐欺と言われる所以である。

 

本物もある。

本物の特徴は、

社会的真実に対峙している。

どれがと言うつもりはないが、

そういった仮想通貨(暗号通貨)が今後注目されるだろう。

NOAH’S NEW APP FOR MERCHANTS 

 

【転載開始】

一部の国は、他の国々がこの新しい現実に積極的に適応しているのをまだ見ていない

Josef Werker、ノア財団のスポークスパーソン

 

Bitcoinは、2009年に登場して以来、金融業界、ジャーナリスト、州当局から大きな注目を集めている新しい経済的現実のポスターの子になっています。彼らの創造を可能にしたクリプトカルトとブロックチェーンの両方が世界に革命を起こそうとしていることは明らかです。

当初、Bitcoinの到着にはある種の不信感とたくさんの質問がありましたが、数年後には2017年に1300%の価値を得て最も収益性の高い投資となりました。一般的な暗号化の普及とBitcoinの財政と経済システムを再考する。ブロックチェーンは明らかに「滑走路」になり、Bitcoinは新しいデジタル経済に「飛躍」しました。

その新しい経済がここにあります。伝統的な経済・金融システムの時代が近づいています。これはまだ世界の政府機関のほとんどが完全に理解しているわけではありませんが、最も先進国の経済は、これが避けられない前進であり、新しい経済的現実に適応しなければならないことがはっきりと分かります。

暗号と法律

例えば、米国では、cryptocurrenciesを合法化するプロセスが2013年に始まり、2016年に最高裁判所はそれらを「文字通り現金の一形態」と呼び、他の世界通貨とみなしました。2017年、世界最大のデリバティブ取引所であるCMEとCBOTがBitcoin先物取引を開始しました。

日本では、Bitcoinは2016年以来法律上の入札を行っており、2017年4月以来、暗号通貨に関する法的支援が完全に行われています。「仮想通貨」という用語が定義されています。

ドイツでは、暗号侵害の法的流通が2013年以降議論されており、2018年には「プライベートマネー」のステータスを持ち、標準VATの対象となる取引で許可されています。

英国では、金融規制当局であるFCAが、暗号化の循環をサポートしていますが、流通にはまだ適切な法的根拠はありません。しかし、すでにBitcoinには税金が徴収されており、イングランド銀行は2018年に独自の暗号侵害を出そうとしている。

フランスでは、金融監督当局はすでに、暗号輸送に関する立場を発展させるために働いているとの声明を発表しており、国でのトークンの使用は禁止されていません。

カナダでは、クリプトカロスが合法で課税対象となるだけでなく、Bitcoinの自動販売機も許可されています。

インドでは、準備銀行が銀行や金融機関を暗号化することを禁じることにより、状況は不透明である。しかし、その国の暗号取引量は増加しているにもかかわらず。5月初旬、Bitcoinの価格は618,000ルピー(9,270ドル)に上昇した。これは1ヶ月前の中央銀行の発表時に記録された金利よりも76%高い。投資家は政府が暗号の取引を禁止することを願っていないが、たとえ正式なチャンネルを使用できなくても、人々は暗号暗号取引プラットフォームに移行するだろう、語る。

なぜ私はこれらの国々について特に言及していますか?2018年現在、これらの国は世界経済の50%以上を占めており、IMFのデータによると、世界全体で約42兆2000億ドル対75兆2,000億ドルを占めています。これらの国はすべて名目GDPでトップ10に入っています。

このリストから欠落しているのは中国だけで、世界経済の20%以上を占めており、140億ドルを超えています。そこでは、組織にとって暗号化された通貨の流通は禁止されていますが、同時に中国は世界で最も大きな暗号化市場であり、その国民の平均的な市民が仮想通貨を交換することができます。今のところ、政府のレベルでは暗号化通信が歓迎されていないため、中国当局が暗号フィールドを合法化する必要性をすぐに認識する可能性があります。

キプロス、フィンランド、スイス、チェコ共和国、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーなど多くの国で暗号化循環が禁止されているわけではありません。シンガポールは、その国の通貨をEthereumに基づくデジタル形式に移行することを検討しています。

デジタル経済はアジアから来る

一般に、東南アジアの市場は革新に非常にオープンである。前述のように、日本、中国、シンガポールは暗号化の最前線にあり、多くの暗号の新興企業はアジアのルーツを持っています。そういうわけで、私たちの戦略を発展させるにあたって、ノア財団の資金は、この特定の地域に収まったのです。私たちは、世界のトレンドを少し先に進め、暗号とブロックチェーン技術が広く使われ、開発される都市環境を作り出すことに決めました。未来の技術に精通した都市が建設され、完全に自動化され、管理されているのはアジアです。これには、ドバイのマスダールと韓国の松島が含まれます。フィリピンに暗号都市を建設する予定です。

この国の経済はここ数年でよく成長しており、人口の若者の割合が高く、中産階級が急成長しており、高度なIT普及率を誇っています。この国、特に日本には多くの関心があります。

そのため、2016年にノアプロジェクトが設立されました。ノアプロジェクトは当初、両国の市民の間で新しいビジネスチャンスの創造を目指していました。ノア・プロジェクトはブロック・チェーンに基づいて人生とビジネスのための新しいエコシステムを形成します。その基盤は、暗号化が主な支払形態となるハブであるノア・シティに構築されています。フィリピンのマニラにあるHorizon Manilaの新しいビジネス地区に位置します。

私たちはこの都市環境で流通するトークンであるノア・コインズ(NOAH)を発行しており、特別なバーチャル暗号財布を開発しています。NOAHトークン所有者には、ディスカウント、キャッシュバック、ロイヤルティプログラムを含む特別な特典を付与する予定です。

それほど遠くない未来において、ノア・シティは店舗、レストラン、ホテルなどのB2Cを含むトークンで取引することができるすべての暗号侵害ココライトの主要なグローバル・ハブになることができます。

実際のデジタル経済を実現するための世界初の実験になるでしょう。私たちはそれが世界中のモデルになると考えています:ノア・プロジェクトは未来がどのように見えるかをすべて示します。【転載終了】



a:508 t:2 y:1

コメント


認証コード1662

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional