ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

僧侶が毛沢東像の前でイメージをリード!

僧侶が毛沢東像の前でイメージをリード!

坊主に唯物思想をイメージリード・・・!
これが中共のやり方である
ウィグルでは、
ウィグル娘に結婚までして・・・?!
民族同化政策が急速に進行中!

 

一言で言えば、

中共の末期的症状と言える・・・。

坊主までも毛沢東思想の恭順させる道具に

駆り出したという現実である。

 

狂気に満ちた文化大革命の紅衛兵運動と

本質は同じである。

 

 

僧侶が毛沢東像の前に宣誓の指揮を取る!

 

方や、

ウィグル自治区では、

社会監視活動がより厳しくなっているようだ。

酷い話だが、

男性は強制収容所に、

女性は漢民族男性との結婚強要がまかり通っているようだ。

民族同化政策が狂気的になっている。

 

許されざる蛮行だ。

 

2か月で結婚に至ったという話。

楽し気に話す中国人に比べて、

悲しみに打ちひしがれた様な花嫁の表情が、

その事実を物語る。

強制収容所にいるすべてのウイグル人男性を拘束した後、中国はウイグル人女性に中国人男性と結婚するよう強制している。開かれた大量虐殺が起こっており、トルコやイスラム諸国を含む国際社会はウイグル人のイスラム教徒の兄弟姉妹の叫び声を無視し続けている。

 

話は変わるが、

多分、

中国での出来事だろう。

各地に建設されたゴーストタウンの状況だろうか?

それにしても杜撰な工事の内情が知れる・・・。



百数十万人が虐殺されたチベット自治区。

相互監視システムで監獄状態のウィグル自治区。


中共が侵略した周辺諸国の現実がそこにある。

日本が、

将来もっとも警戒すべき情勢がそこにある。





a:246 t:2 y:17

コメント


認証コード7741

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional