ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

アメフト反則タックル問題で日大選手が記者会見

アメフト反則タックル問題で日大選手が記者会見

酷いね~
実質暴行傷害罪の自白だ!
スポーツの域を越えている・・・。

監督コーチはその「教唆犯」だ・・・!
「実行犯」も気の毒だが逃れられない!
悪辣なのは教唆の方だ・・・!

 

スポーツを越えた事件である。

何故その様になったのか?

日大のアメフト部の試合に臨む方針が、

スポーツの枠を越えて大学の名誉欲の塊と化している。

それは内田監督が単なる監督ではなく、

常務理事と言う経営陣としての欲にくらんだ結果だ。

 

その為に、

純粋にスポーツとして打ち込んできた無垢の青年を、

追いつめ暴虐の域に追い込んだのだ。

その罪は大きい。

そして、

その反省は今に今まで微塵もない。

糾弾されて然るべきだろう。

 

追いつめられて、

人間としての判断力、

スポーツマンシップを打ち捨て、

敢えて反則と知りつつ相手を潰しに行かざるを得なかった

選手が不憫である。

不憫であるが、

その責めを逃れることは出来ない。

 

それが成人した人間の社会的責任である。

だが、

会見を通じて、

実に立派な会見態度であった。

過ちを認め、

真実を語ろうとする真摯な態度は立派である。

それに引き換え、

その指導者は悪辣である。

 

法的責任は免れないだろう。

その中でも指導者として監督並びにコーチの責めは大きい。

大学側としても、

言い逃れ出来るものではない。

日大アメフト部は廃部覚悟で出直さなければ、

周りが許さないだろう。

 

罪を正直に認め、

真実を語った青年に、

罪は罪としても人間として称賛を惜しまない。

哀しくも、

久々の潔さを見た思いである。

 

アメフト反則タックル問題で日大選手が記者会見(2018年5月22日)



a:353 t:2 y:4

01048 イナダ ヒサキ

コメント


認証コード9318

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional