ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

南北首脳会談・・・北朝鮮の終わりの始まり!

南北首脳会談・・・北朝鮮の終わりの始まり!

大韓民国の終わりの始まり確定した・・・!
「南北統一の機運は高まった!」
との認識があるが、
それは北が南を飲み込む始まりである・・・。
南が北を包摂する事はあり得ない!

 

全てはトランプ=金正恩首脳会談に掛かっている・・・。

トランプ大統領は決して容赦はしないだろう。

容赦はしないという事は、

完全な非核化と検証可能な処置を求めるだろう。

それが実現しないとなれば、

軍事行動に移るだろう・・・。

それがトランプ大統領の心づもりにある。

 

北朝鮮のlこれまでの経緯に鑑み、

誰が一方的非核化が実現すると思うか?

あわよくそれが実現するれば、

在韓米軍の撤退もあり得る・・・。

その時、

韓国は北にのみ込まれる。

その時は、

大韓民国の終焉である。

同時に、

金正恩王朝の終わりの始まりでもある。

「北朝鮮は変わらない」南北融和、脱北者のホンネ 

 

安易な平和実現は夢想に過ぎない。

何故なら、

北の思惑は、

超独裁体制と金王朝は存続である。

変わらない事が金正恩の心算であり、

ムンジェイン大統領はそれを認めていると思われる。

ムンジェイン大統領は「共産主義者」である。

非人道的な圧政がなくなる事もない。

 

終局に於いて、

金王朝は終焉を迎えるしかないが、

偏にトランプ大統領の決断に掛かっている・・・。

金正恩は、

南の経済的資源を穏やかに簒奪し、

強権的支配体制を維持しつつ統一を目指している・・・。

ムンジェインとその取り巻きは、

核保有の半島を夢想している。

それを許してはならない。

 

仮にもし、

その全てが核の放棄が完全に履行され、

圧政も緩やかになり、

拉致問題も解決し、

改革開放政策が実を結ぶとしたなら、

しばらく延命することも可能だろうが、

はたして、

それが想像できるだろうか?

 

これまでの状況から相当に距離があろう・・・。

その時は、

韓国の悲惨な状況が余儀なくされる。

当然、

日本は敬遠して眺めて居る他はないだろう。

半島から完全に離脱する方が得策である。

 

仕方がない。

半島人の選択だ。

韓国は

時の大統領経験者全てが非業の末路の国柄だ。

文在演と言えども刑務所行が決まっている・・・。

そんな体制の国家に、

国体は存在しない。

良かれ悪しかれ、

国体らしき体制は金王朝以外にない。

米国が撤退すれば、

半島は永遠に荒れる。

 

その時、

中国・ロシア・米国の力学が働き、

何らかの変化を遂げるだろう。

その時が、

金王朝の終焉の時である。

 

トランプ大統領在任中にそれは決まるだろう。

その時、

日本はどのように関わるだろうか?

関わりを絶つことが最良の策であるが、

その前に、

少なくとも自立防衛体制の確立が求められる。

 

その後、

本格的な米中対立が先鋭化するだろう。

行く末は甚だ不安定な状況が想定される。

日本は決断を求められる事態が多く出現するだろう。

お花畑の夢想にふける暇があろうはずない。

拉致被害者の奪還こそが

急務の策である。

 

それに引き換え、

日本国内の国会議員(特に野党)と来たら、

後方攪乱の工作員以外の何者でもない・・・。

 



a:556 t:1 y:1

コメント


認証コード1988

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional