ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

日本も世界も茶番劇が酷い・・・!

日本も世界も茶番劇が酷い・・・!

日本は未だに「モリ・カケ」茶番だし、
世界はシリア攻撃茶番だ・・・!
どういう事か?
いずれも証拠無き言いがかり攻撃だ・・・!

 

国会前の反安倍デモは、

間違いなく日本人以外の工作デモだし、

シリアトマホークは出来レースのデモンストレーション攻撃だ。

その状況証拠は幾らでもある。

 

まず、

反安倍デモであるが、

ほとんどは動員されたプロ市民デモであることだ。

しかも、

はたして日本人かと疑われる佇まいは、

驚きを超えて、

涙ぐましい様相である。


如何に一般市民の参加が少ないか?

その呼びかけに、

政党動員であることを思わずゲロってしまって、

彼の有名な「菅野完氏」にツッコまれてしまっている。

 

そのツッコミも、

いかにも元男組の強面が表れて、

素性が窺われる・・・。

 

素性が窺われると言えば、

国会質問での立件民主党枝野代表である。

民主党政権官房長官時代には、

さすがに低姿勢に徹していた代表であるが、

もはや、

政権政党の目がなくなったと観念したのか、

元の新左翼アジ演説に舞い戻ってしまった感がある。

<衆議院・予算委>集中審議(午後の部)インデックス付 2018-4-11


しかし、

その方がよく似合うし、

堂々としていてさすがに往年の迫力が戻ってきた。

人間、

誰しも観念すると本然の気質を取り戻すものと感心した・・・。

人それぞれ持ち分があるから、

自己を偽りなく生きると本性が出て清々しい。

 

世の中は、

混沌としていたが、

次第に炙り出されて選り分けられている様で、

茶番も悪くない。

そもそも、

そのきっかけは先の総選挙の民進党分裂である。

 

あれはあれで高く評価している一人だ。

 

トランプ大統領は

シリアをトマホークミサイルで攻撃したが、

とんだ茶番劇である。

しかし、

練られた茶番で、

当然、

プーチン大統領にも予め根回しをしていたものと推測する。

だから、

誰も避難して実損害がないのだ。

 

証拠無き濡れ衣攻撃である。

寧ろ、

反政府武装勢力の偽旗作戦の状況証拠が多い。

しかし、

それは獅子身中のシャドーガバメントの仕業である事は、

公には出来ないから、

苦肉の攻撃作戦であろう。

 

トランプ大統領とプーチン大統領は共同戦線がある。

それは共にDeepState(ディープステイト)に対する

戦いである。

イルミナティーと言っても良い。

その点では一致しているから、

表現はともかく、

共同戦線を張っていることは間違いあるまい。

 

そうでなければ、

こんなに静かな攻撃はあり得ない。

結構な茶番劇である。

 

 



a:410 t:7 y:25

コメント


認証コード8591

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional