ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

シリアで反政府軍の化学兵器倉庫から毒ガス兵器!

シリアで反政府軍の化学兵器倉庫から毒ガス兵器!

ロシアが発表した!
別にロシアびいきではないが、
想定内の成り行きである・・・!
それもテロリストに依ってドイツで製造された・・・?!
大量難民の成れの果てである!

 

結論を先に書くとすれば、

超国家的秘密結社の仕業である・・・。

イルミナティーと言っても良いし、

DeepState(ディープステイト)と言うことも出来る・・・。

それに従うハザールマフィアの仕業である。

彼らを従わせる超国家軍産複合体、

あるいは、

シャドーガバメントの仕業である。

 

彼らの魂胆は、

終わりなき戦争(テロとの戦争)と、

世界を出来るだけ大きなカオス(混乱)に巻き込むことだ。

理由は、

世界統一政府の樹立であるが、

もうその見込みは立たなくなっている。

その焦りから、

とにかくアジェンダ(行動規定)に沿ったまでの自暴自棄行為である。

 

今や、

すぐに馬脚を顕す・・・。

既に時代の流れは変わったのである。

Peer to Peer(仲間から仲間)の時代はすでに始まっている。

つまり、

情報化がそれらをすぐに暴露する。

主流メディアは必死にプロパガンダに走るが、

もはや、

追い付かない。

Chemical Weapons made in Germany at the hand of the terrorists in Syria min: 2:14

Chemical Weapons made in Germany at the hand of the terrorists in Syria min: 2:14

check the min 2:14
Made in Germany!!
The Syrian Arab Army (the state's army) has found out at the terrorist headquarters in East Ghouta “Chlorine Gas packages” made in Germany, and used by US-Saudi-backed Jaish Al Islam & Al-Nusra Front in Damascus country side in order to poison the innocent Syrians and accuse the Syrian government of using chemical weapons..
Why is Germany supporting the terrorist groups in Syria and be directly involved to kill innocent Syrians… Shame on you Angela Merkel!! if you want to make money, do it but not at cost of our blood!!!!

シリアのテロリストの手でドイツで作られた化学兵器:2:14

少なくとも2:14をチェックしてください
ドイツ製!!
シリアのアラブ軍(国家の軍隊)は、ドイツで作られたEast Ghouta "Chlorine Gasパッケージ"のテロリストの本部で発見し、ダマスカスの国側の米国サウジが支援するJaish Al Islam&Al-Nusra Front シリア政府に化学兵器を使用していると非難している。
なぜドイツはシリアのテロリスト団を支援していて、無実のシリア人を殺すために直接関与しているのですか...あなたに恥ずかしいアンジェラ・メルケル!! あなたがお金を稼ぎたいのであれば、それをやってみましょう。【転載終了】

 

ご判断はご自由であるが、

今一体何が起こっているのか?

目を見開いて眺めている必要がある・・・。

世界の浄化は進んでいる・・・。

【転載開始】

Proof: Intel Drop, Trump, Bolton behind Syria chemical attacks, confirmed

Germany, Britain, America, Israel - VT provides proof of chemical warfare and war crimes.
ByGordon Duff, Senior Editor -
April 8, 2018

[ Editor’s Note: VT has long covered the “aiding and abetting” of terrorists by the US coalition, and by derivation NATO, for some time now. We view its going on unchecked as a major national security threat to all countries.

Unfortunately Western corporate media, with financial resources far beyond VT, has played Mickey the Dunce on this whole story, the case usually being that the respective country intelligence agencies have warned them to stay away from it all, or suffer the consequences.

VT has also followed closely the long series of false flag chemical weapons attacks, both sarin and military-grade chlorine because we knew the Syrians would never be so stupid as to hand their heads to the US Coalition in a silver platter by doing something with no chance of any gain, but exactly the opposite.

We were also concerned that the longer “they” got away with doing this, the more innocent people would be murdered by the alleged protectors of freedom and democracy in the world, but who we know to be currently among the worst enemies of mankind.

Unfortunately, despite our best labors, the citizens of these countries have done almost nothing to hold those accountable in their own countries.<後略>

【転載終了】

【仮訳開始】Google翻訳そのまま

証拠:インテルドロップ、トランプ、シリアの化学攻撃の裏にあるボルトン

ドイツ、英国、アメリカ、イスラエル - VTは化学戦争と戦争犯罪の証拠を提供します。
By Gordon Duff、シニアエディター -
2018年4月8日

[編集者注:VTは、長い間、米国連合とテロリストの「支援と虐殺」を、NATOの派生によって覆ってきた。我々は、すべての国に対する主要な国家安全保障上の脅威として未確認のままになると考えている。

残念ながら、VTをはるかに上回る財源を持つ欧米の企業メディアは、ミッキー・ザ・ダンスをこの全話で演じました。通常は、それぞれの国の諜報機関が、すべてから遠ざかり、その結果に苦しんでいると警告しています。

VTはまた、サリアンと軍事級の塩素の両方の長い偽の偽の化学兵器攻撃の長いシリーズに密接に従っています。なぜなら、シリア人たちは、米国の連合に頭を渡すほど愚かではないことを知っていたからです。どんな利益のチャンスでも、正反対です。

我々はまた、より長い「彼ら」がこれをやってもらえなくなるにつれて、世界の自由と民主主義のプロテクターに殺されるより無実の人々が、人類の最悪の敵の中にいることを知っている。

残念なことに、私たちの最善の努力にもかかわらず、これらの国の市民は、自国で責任を持つ人々を抱えることはほとんどありませんでした。
<後略>



a:576 t:2 y:4

コメント


認証コードを入力してください。

認証コード7281

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional