ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

シリアの東グータから反政府勢力撤退!

シリアの東グータから反政府勢力撤退!

ウソはそのほとんどが唾棄すべきものであるが・・・
人道ぶった偽善者のウソほど、
胸糞が悪いものはない!
ホワイトヘルメットは偽善であり、
プロパガンダの極みである!

シリアにおいては反政府力分子の別の姿であり、

ダーイシュ(IS・イスラム国=諜報機関)そのものの姿である。

だから、

故なくカメラの前を動き回り、

救急車には同乗し、

殊更に悲惨な子供たちの死を見せつける・・・。

その試みは続けられている。

シリアのゴータの攻略戦にも多数出没した。

そして、

反政府勢力は遁走した。

懲りない面々は、

常に同じ事を繰り返す。

ヘルメット・プロパガンダ・コンストラクト

THE WHITE HELMET PROPAGANDA CONSTRUCT from Media Crit on Vimeo.

シリアでは、より多くの子どもを殺すための「人道的な」戦争を促進する宣伝道具として、子供たちの前例のない使用を見ている。他の団体は、NATO加盟国の銀行借入ホワイトヘルメットなどの世界的な影響を受けた子どもたちのイメージを悪用することはありません。この子どもの搾取は、この7年間の紛争の間に、米国連合と英国/米国の知性によって創設された宣伝活動であるホワイトヘルメットによって、シリアの人々に対して犯された最も凶悪な犯罪の1つとして認識されるでしょう。

http://21stcenturywire.com/2018/03/06/white-helmets-exploit-children-manufacture-consent-humanitarian-war-syria/http://21stcenturywire.com/2018/03/06/white-helmets-搾取 - 児童製造に同意する - 人道的 - 戦争 - シリア/

スウェーデンの医師プロフィール、著者、小児科医の専門家であるLeif Elinder博士は、次のようにまとめています。[7]

「ビデオ素材を調べた結果、生きていない子どもたちに課された措置は、奇妙で非医学的で非救命的であり、子供の命を救う目的では逆効果であることがわかった」

さらに、スウェーデンの医師で一般開業医のLena Oske博士から詳細な臨床声明を受けました。彼女の声明では、オズケ博士はホワイトヘルメットビデオ(上記の写真の抜粋)で行われた、想定されるアドレナリン注射について言及しました。彼女の専門家の意見は、ホワイトヘルメットのビデオで行われた手続きを、不適格で間違ったものとして却下します。さらに、彼女は叫んだ同僚の手続きの早期評価について説明しています。

"まだ死んでいなければ、この注射は子供を殺しただろう!"

こうなると、

悲惨と言うよりも卑劣である。

こうしたプロパガンダの続く

シリアの内戦も終息に近づいたが、

執拗な抵抗が続いている・・・。

東ゴータの市街戦も漸く反政府勢力の遁走で終わりに近づいた。

【転載開始】
シリアの東部Ghoutaで数千人の逃亡者として後退

シリア軍の「焦

航空攻撃は地上攻撃の前に東部Ghoutaの荒廃地を攻撃する[Bassam Khabieh / Reuters]


航空攻撃は地上攻撃の前に東部Ghoutaの荒廃地を攻撃する[Bassam Khabieh / Reuters]

バシャール・アサド大統領が「テロの抱擁」が撲滅されるまで戦いが続くと誓ったことから、数千人のシリア人がダマスカス近郊の反政府武装勢力同盟地域で政府主導の攻撃を逃れている。

シリア政府は、近年、約4分の1を占領していると、シリアの人権観測所が明らかにした。ロシアの空軍に支えられて、シリア軍は農場や村の管理を取り戻し、いくつかの面で前進した、と国家報道が報じた。

政府軍は、アルナシャビエとオタヤを含むいくつかの地区を拘束し、ダマスカスの東の郊外に「テロリストを撲滅した」との軍事筋の発言を引用した。

英国のシリア天文台によると、彼らはベイト・サワの端に包囲された包囲された領域の中心に達している。中部軍事メディアは、シリア軍は中央GhoutaのMesrabaの郊外に達したと語った。

シリア政府の重大な砲撃、空爆、ヘリコプター攻撃を含む「焦土」政策のため、反政府武装勢力は東部Ghoutaで退去と再編を余儀なくされた、とJaish al-Islam反乱グループのスポークスマンは述べた。

ハムザ・ビルカルダル報道官は、声明の中で、政府軍は彼らが捕獲した領土から追い出されると誓った。反政府勢力は、攻撃力に対抗する立場を強化した、と付け加えた。

東部Ghoutaは、約40万人の居住地で、何ヶ月も激しい包囲攻撃と毎日の砲撃を受けてきました。ここ2週間で600人以上の民間人が殺された。

「どこでも破壊」

東部Ghoutaの中のAFP報道機関特派員は、日曜日にこの地域の南東にあるBeit Sawaの町から逃げ出した数百人の一般市民を見た。

シリア天文台によると、約2,000人の市民が、東部地域の政権撤退と西部地域の紛争を逃れていた。

35歳のアブ・カリル(Abu Khalil)は、「誰もが道を歩いている。どこにでも破壊がある」と語った。"多くの家族が瓦礫の中に閉じ込められているので、救助隊員は対処できません。"

アサド軍は2週間の激しい砲撃の後、ダマスカスの東端にある領土の4分の1以上を占領している。

アッサド会長は、「Ghouta東部の人々の大半は、テロの抱擁から脱出したいと考えている」と述べた。

国連は、日曜日の声明で、Ghouta東部最大の町であるDoumaにパートナーを派遣し、援助を計画していると語った。月曜日に46台のトラック積載台からなる救援隊が、健康と栄養供給と食糧を27,500台分供与される。護送隊は、シリアの国連常駐人道支援コーディネーターであるAli al-Za'atriが率いる。

"護送隊が予定どおりに進んで、他の護送隊が従うことを願っている"とザアトトリ氏は述べた。

国連は、3月8日に次の護送隊が配備されるとの保証を受けていると述べた。【転載終了】



a:408 t:1 y:0

コメント


認証コード0200

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional