ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

少林寺武僧が針でガラスを突き破るスーパースロー映像が公開

少林寺武僧が針でガラスを突き破るスーパースロー映像が公開

あの小さな縫い針でガラスを突き破る・・・
それだけでもスゴイが、
さらにガラスの前の風船を割る!
人間の能力は制限がない・・・!

そう思わせる動画である。


少林寺拳法の武僧の実演である。

日本の武道(柔道・合気道・・・)でも同じ事が言えるが、

達人とは物理科学を超えているような

動きと結果を容易に実現する。

別に物理学を逸脱しているのでもない。

要するに、

縫い針にエネルギーを集中すれば、

ガラスなど突き破ることは可能だろう。

それを人間の技でするのは、

容易なことでは無い。

まず心を集中しなければならない。

そして、

その集中力をエネルギーとして、

あの小さな縫い針に集中する技術力は並々ならぬものである。

人の能力は計り知れない。

エンタメ
2018年03月04日 07:06

少林寺武僧が裁縫針を投げてガラスを突き破る様子をスーパースローモーションで撮影した映像がユーチューブに公開された。

スプートニク日本

武僧はガラスの近くから針をガラスに投げて突き破り、ガラスの後ろにある風船を割った。

ユーチューブのコメントは2つに分かれており、武僧の技術を絶賛する人もいれば、針が貫通せずに跳ね返ったことに失望した次のような人もいる。

「どうやら、針をガラスに投げるには10年間の鍛錬が必要みたいだ。けど、実際にガラスを貫いていれば、もっとすごかったろうな。」【転載終了】



a:432 t:1 y:1

コメント


認証コード2269

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional