ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

絶縁破壊する現象・・・地震の新説?!

絶縁破壊する現象・・・地震の新説?!

地震は何故起きるのか?
様々な説がある・・・!
プレートテクトニクス理論が主流だが、
問題はその端緒が何か?
電気現象だというのは面白い・・・!

プレートの移動によって、

圧力を受けている断層があるのは事実である。

地震帯も現存する。

問題はその発生の端緒であるが、

地下水の侵入に依る水蒸気爆発とそれに伴う、

水素融合に依る爆発説もある。

電気現象と言うのは新説であるが、

突然地震が起こることからして信憑性がある。

となると、

過大な電流が流れる原因は何か?

視点を変えて検討する必要があるだろう。


勿論、

絶縁破壊と同じ破壊は、

原爆(水爆)でも成り立つ話だ。

人工地震説である。

雷は何故出来るのか?

分子の接触摩擦に依るプラズマ化が、

その原因だが、

そもそも、

そうした分子(水蒸気)が何故できるのか?

微粒子と宇宙線が核となり水蒸気(雲)が出来る。

太陽系の磁場が弱くなると、

宇宙線の量が増大化し、

雲が増える。

話は飛ぶが、

まさに地球は電気の塊・・・。

太陽の熱量が減少し、

寒冷化するとの説がある・・・。

今太陽活動が沈静化している。

太陽磁場が少なくなっているのだ。

雲が増え、

突発的気象変動が予想されている・・・。

日本は春めいてきたが、

ヨーロッパは史上空前の大寒波に襲われている。

3月の異常気象である。

しかし、

北極点では異常高温だという・・・。

突発的気象変動は、

緩やかに起こらないから「突発的気象変動」である。

異常な高温地域と、

異常な寒冷地域が同時混在する状態である・・・。


<バチカン>



a:656 t:1 y:0

コメント


認証コード1339

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional