ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

私はトランプと彼の議題のために「揺るがない」ーバノン

私はトランプと彼の議題のために「揺るがない」ーバノン

『Fire and Fury: Inside the Trump White House』
『(炎と怒り、トランプ政権ホワイトハウスの内幕』はフェイクブックである!
フェイクニュースを観れば分かる話である・・・。
流れを見定めれば何と言うことはない・・・!


時を経れば破綻するのがフェイク(嘘)であって、

真実は一つである。

ロシア疑惑が破たんしたから、

新たにフェイクブックを創出した・・・。

印象操作である。


森友・加計疑惑も又同じであって、

印象操作をもって政権打倒を目指したが、

失敗した。

その張本人は朝日新聞の捏造記事である。

そのとばっちりで、

籠池理事長の偽物国粋事業が破たんした。

その事は

「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」に詳しい。

朝日新聞は小川栄太郎氏とその発行元を飛鳥社を提訴した。

言論機関が言論本を提訴するという、

末期的現象が発生した。

とあるユダヤ機関に似た所業が、

日本でも行われた。

成り行きが注目される。


「トランプ暴露本」については、

日本語訳も2月に緊急出版されるらしいから、

詳しくはそれを待つしかないが、

推して知るべしであろう。

彼の地の事情は日本ほど詳細には分からないが、

トランプ大統領について、

日本でも実にいい加減な情報しか流れない。

共通しているのは、

メインストリームメディアである事が一致している。

主要メディアは、

不都合な体制破壊を許さない。

朝日新聞は反日自虐史観を創り、

推進する。

今回それは明確になった・・・。

さて、

トランプ攻撃は今年も続く。

それほど不都合な大統領と言う事であろう。

その張本人はDeepState(ディープステイト=陰の政府)である。

President Donald J. Trump: Year One(日本語字幕)

【転載開始】

Steve Bannon氏の声明:私のサポートはトランプと彼の議題のために「揺るがない」

Breitbart Newsの執行議長で元ホワイトハウスのチーフストラテジストのStephen K. Bannonは、日曜日に以下の声明を発表した:

ドナルド・トランプ・ジュニアは、愛国心と善良な人です。彼は父親のためのアドボカシーや、私たちの国を回るのを助けてくれた議題について執拗な態度を取ってきました。

「全国ラジオ放送、Breitbart Newsのページ、そして東京と香港からアリゾナとアラバマ州へのスピーチと出演で毎日見せたように、私の支持は大統領と議題についても揺るぎないものです。トランプ大統領は、クリントン大統領を敗北させた可能性のある唯一の候補者でした。私は、トランプとトランペジズムのメッセージを説くために世界的な努力をしてきた唯一の人物です。この大統領がアメリカを再び偉大なものにしようとする努力のために、この違反に立ち向かう準備は整っています。

「ロシア国民との会談に関する私のコメントは、私たちの焦点が「悪の敗北」であったレーガン時代にソ連の潜水艦をペンタゴンで狩ることを主な任務とした海軍官僚が、レーガンのソ連に対する戦争とヒラリー・クリントンのウラン販売への関与に関する映画制作に取り組んだ。

「私のコメントは、ロシア人の行動の経験と知識を持つ経験豊富なキャンペーン専門家、ポール・マナフォートを対象としていました。彼は彼らが重複して、狡猾で、私たちの友人ではないことを知っていたはずです。繰り返して言えば、これらのコメントはDon Jr.を目指したものではなかった。

「60分のインタビューで私が言ったロシアの結託調査のばかばかしい性質について私が言わなければならないことは何でもある。結託はなく、調査は魔女狩りです。

「ドン・Jrに関する不正確な報告への対応が遅れたことは、大統領初年度の大統領の歴史的成果から注目をそらしてしまったことは残念だ」【転載終了】



a:705 t:2 y:0

コメント


認証コード7097

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional