ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

カリフォルニア大火災にDEWが使用された証拠!

カリフォルニア大火災にDEWが使用された証拠!

これでカリフォルニア大火災は
DEW(ダイレクトエナジーウェポン)が使われたことが
明白になった・・・!
今回ばかりでなく、
前からだ・・・!
そして、
ポルトガル大火災(2016年)もだ!

そうでなければこう云う燃え方はしない。

こういう大火災はあり得ない・・・。

という話であるが、

それだけではなく、

明らかなブルービーム(レーザー光線)まで記録されている。

詳細は動画をご覧頂くと確認できる・・・。

上記の画像は、

イスラエルのガザでのものだが、

レーザ以外に解釈しようがない。

大火災は何故起きたか?

という疑問は、

何故起こされたか?

というステージの問題が残るが、

兵器として定着していることが窺える・・・。

何故という問いに応えるならば、

兵器である以上、

攻撃を仕掛けた存在が居るということである。

それは誰か?

そして、

その目的は何か?

ガザを攻撃したのはイスラエルであるが、

その元締めは誰かである。

カリフォルニアを「攻撃」した存在も

同じ元締めであるとこが窺える。

何が生じたか?

ガザの場合は中東の絶えざる憎しみの連鎖である。

カリフォルニアは、

被害を受けた住民は気の毒であるが、

いわば生贄であって、

カリフォルニアは混乱を来すことに依って、

何らかの報復の威を示している・・・。

それが何に依るものかは分からない。

その内に見えて来よう。

ポルトガルの事件も同じである。

その犠牲になった被災者は気の毒という他ない。

Fire Proof Evidence of Directed Energy Used in CA Fires

カリフォルニアの火災で使用される直接エネルギーの証拠
By Rick Duarte * 2017年12月22日

過去3年間、

私は文字通り何千時間もの記事を読んで、
ビデオを見て、
指揮エネルギー兵器のテーマについての写真、
法医学的証拠を取り込みました。

その多くは天気予報に関する過去1年間の記事国際。
今日、
あなたは真の治療を受けています!
私がDirected Energy Weapons(DEW)で見た何百ものビデオのうち、
この1つは過去10回目のランキングです!
私はとても良かった、
私はメモの3ページを取った!

私はこのビデオを私に送ってくれたJeffrey Frickeに個人的に感謝したいと思います。
大きな時間感謝とgracias、ジェフリー!
:)

さて、
私はこのビデオに関して一言の注意を払っています。
このビデオの34分30秒のマークで、

それぞれの解説者は、
ポルトガルの野火で見られる巨大なラップ・ツイスト・ホワイト・フレームが、
指向性エネルギー武器が使用されている証拠であると信じています。

これは誤ったデータです!
現実には、これは火の竜巻である「Firenado」です。

FIRENADOの簡単な説明は次のとおりです。

火災の渦巻き - 火災の悪魔、
または(多くの場合)火災の竜巻、火の鳥、火の渦巻き、
または火の煙のようなものとして誤って知られているものは、
火によって誘発された旋風であり、
火や灰
それらは通常、風や煙の渦巻きで始まります。

激しい上昇する熱と激しい風の条件が組み合わされて空気の旋回渦を形成すると、
消火渦が発生することがあります。
これらの渦は、
燃焼する破片や可燃性ガスを吸い込む竜巻のような渦に収縮する可能性があります。

消火渦は、
時には口語的に火災竜巻と呼ばれますが、
大抵の場合、
渦が表面から雲底まで広がらないため、
通常は竜巻として分類されません。

また、
そのような場合でさえ、
それらの火災旋回流は古典的な竜巻ではなく、
その渦度は土星のメゾクロンよりもむしろ表面風および熱誘導揚力に由来する。

文字通りの火災の竜巻は、
猛烈な火災の渦よりもはるかに強力で破壊的なまれな現象であり、
火災は火山灰雲を生成して竜巻を生み出します。
この竜巻が火の領域に入ったり入ったりすると、
炎が激しく燃え上がり、
火炎や燃え尽きる破片が広がり、
広い区域で破片が燃えるようになります。

LASERS FROM THE SKY & THE CALIFORNIA FIRES


【転載開始】

リフォルニア州サンタローザとコロラド州ウォルドキャニオンの火災
ホワイトドラゴン協会


親愛なるBenjaminさん、
2012年には、コロラド州のウォルドキャニオンの荒れ果てた写真があります。私がそれを上げる理由は、家々の多数が燃えて車が木々や草に触れることなく溶けて見えるからです家の周り。最近カリフォルニアのサンタローザ火災に非常に近い。当時、誰もが溶けた車に触れていましたが、手つかずの木々がありました。初めて。私はDEWの武器が米国とその国民に向けられたのは初めてのことだと思います。

2回の火災に詳しい調査を行う必要があり、私が実現したが、今では多くはサンタローザの領域に当たったレーザ光の写真で予定されている、多分ワルド・キャニオン火災のための画像の同じ種類を得た人々がいましたそれは初めてだったように、彼らが見ていたものを理解することなく。私はこれらの写真を見た2012年にも、類似点と疑念を指摘したかっただけです。御時間ありがとうございます。【転載終了】



a:1516 t:1 y:0

コメント


認証コード6123

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional