ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

今年も又「和の成功法則」が・・・!~ザ・ライフチェンジ~

今年も又「和の成功法則」が・・・!~ザ・ライフチェンジ~

その名も『ザ・ライフチェンジ』だ!
ライフシフトでもなく、
ウォークシフトでもないライフチェンジだ・・・。
まさに人生の運命を変える法則が
この「和の国」日本にはあった!
12月6日23:59終了!
取り敢えずTopへ、最新記事はSecond Page!


「和の成功法則」とは?

運命は変えられる・・・。

その実感を得られると思われる画期的な内容だ・・・。

運命とは、

命を運ぶと書いてある。

命運と置き換えても良いだろう・・・。


<取りあえず画像をクリック!

 

まさしく「ザ・ライフチェンジ」は

そういう響きを湛えている。

人は時に喜び、

時に苦しむ・・・。

又、

嘆き悲しむこともある・・・。

そして、

誰しも最終的に実り多い人生街道に向けて、

直走る・・・。


<取りあえず画像をクリック!

 

それには確かな法則があるという。

実り多い人生とは何か?

やはりそれは使命というか、

天命というか、

与えられた命を捧げ尽くすことのできる人生であろう。

本当の悦びはそこにある。

 

それまで、

運命に翻弄され、

時には人を恨み、

天をも恨む思いをしたことがあるであろう。

しかし、

運命を自由にコントロールすることが出来れば、

状況は全く変わってくる。

そんなことは可能か?

これが「和の成功法則」のテーマである。

 

今回はその究極にテーマに肉薄する。

ザ・ライフチェンジ」はそうした意味合いを持っている。

 

永らく、

秘密のベールに包まれてきた

日本固有の伝統である神道に根差した成功法則が、

ここで明かされるのである。


<取りあえず画像をクリック!

 

何故、今か?

今こそ大転機の時代はない。

内外ともに危機は差し迫っている。

ここで国際政治や、

内政について深く論ずるつもりはないが、

そのことは誰しもひしひしと感じている人は多い。

 

最も身近な生活環境を観れば、

情報革命と言われるIT化は急速に進み、

まもなく、

AI(人工知能)の時代を迎えつつある。

極端なことを書けば、

戦争までもAI(人工知能)が実施するという情報があり、

近く倫理的側面での国際会議が開かれる情報がある。

そこまで思慮するまでもなく、

少なくとも今後10~20年以内に、

多くの職業がAI(人工知能)に取って代わられ、

人間が必要とされない時代が確実視されている。


<取りあえず画像をクリック!

 

それは、

大きな文明の発達で転換期であり、

ある意味、

人間の生き方が問われる時代である。

働くという束縛から解放され、

より多くの自由が享受されるという面では大きな進展である。

が反面、

働くということが

ただ単に生活の糧の為にあるという認識の者にとっては、

驚愕の大転機であろう。

つまり、

そうした「糧のための職業が廃れる」ということを

意味するからである。

 

簡単に表現すれば、

大失業時代が必ず訪れるということだ。

直近では、

大手メガバンクが大リストラ計画を発表した。

ニュース等でご存じの方も多いであろう。

つまり、

近い将来、

銀行がこれまでのように人を必要としない時代が、

すぐ目の前に顕れている証拠である。

 

フィンテック<Fintech(英: financial technology)>って何だ?

ご存じの方も多いだろうが、

まだ一般的ではない。

「finance(ファイナンス)」と「technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される。

要するに、

金融取引全般がインターネットテクノロジーに取って代わる勢いがある。

人手を介しないで、

金融取引全般が自動化されるのはもうすぐだ。

おまけに、

デジタル通貨の時代はすでに始まっている。

トークン(プログラミング言語)に依る暗号通貨は、

急速に世界を席巻するだろう。


<取りあえず画像をクリック!

 

好むと好まざるに関わらず、

大変化の兆候は既に現れており、

その中でどう生きるかということが試される。

まさしく人生の転換(ライフチェンジ)が求められる。

流されるままも生き方から

自立する生き方が求められる。

もっと言うなら、

本当にやりたいことを見出し、

使命を感じ、

天命に生きることが出来れば不動である。

 

それは可能か?

 

それが「和の成功法則」にはある。


<取りあえず画像をクリック!

 

本来、

誰しもは生まれた意味がある。

目的と使命がある。

天命がある。

忘れている場合が多いが、

思い出すことが出来る。

生活に追われ、

目先の欲望と他人の価値観に振り回され、

自分の能力を忘れているか、

発揮することを止めている・・・。

 

しかし、

それに関係なく、

世界は大きく大転換に向かっている。

変わらなければならないだろう。

先に書いたメガバンクばかりでなく、

今後、

多くの職業はAI(人工知能)に取って変わると言われている。

消える職業は多い。

それについて多くを書かないが、

あまりに有名であるので画像で示しておきたい。

 

簡単に書けば、

ほとんどの労務はAI(人工知能)にとって代わる

ということである。

人間は何をするか?

デザインする分野しかない。

ビジネスをデザイン(描く)ことしか残らない。

別な言い方をすれば、

それだけをすれば良いのであるから、

時間は余り余ってくる。

 

それをしなければ、

することが無くなる・・・。

仕事がなくなるということである。

流れに任せていると

必ずそうなるということを意味している。


<取りあえず画像をクリック!

 

仕事をデザインする。

その前にすることがある。

自らの人生をデザイン(描く)ことが必要だろう。

幸い、

デザインが出来れば

実現することは容易い時代になった。

そのためのAI(人工知能)が存在するからである。

 

人生に目ざめ、

使命感を思い起こし、

天命を知れば、

行動が始まる。

行動は感情を伴って発揮される。

使命感・天命に依る以上の強い感情はないだろう。

 

和の成功法則~ザ・ライフチェンジ~

は見逃せない。

はたして、

あなたの中に何が目覚めるだろう・・・。

それは誰にも分からない。

あなた自身の問題である!

是非!お見逃しのないように・・・

 

詳細は取りあえず画像をクリック!

 


<取りあえず画像をクリック!

 

メーッセージ開始

-----------------------------------------------------------
【世界初】まだ誰も知らない「究極の運命転換法」
-----------------------------------------------------------

誰も知らない
「究極の運命転換法」が公開されました・・・
このサイトすごいので必ず確認してみてください。

http://infotop-acenter.com/ad/7869/284478


いきなり質問ですが
あなたは自分の使命が
見つかっていますか?


使命=自分はこれをするために生まれて来た!


というようなものなので、
普通はなかなか見つからないですよね。


もし今、
使命が見つかっている方は、
素晴らしいですね!


ただ、もう少し話を聞いてください。なぜならー


それが本当のあなたの使命ではない
^^^^^^^^^^^^^^^^^
可能性が高いからです。
^^^^^^^^^^


世の中には様々なノウハウが溢れていますが、
そのどれもが、自分が生きてきたわずか数十年の中から
使命を見出そうとするものです。でも・・・


上記のサイトを見ればわかるように、
本来、「使命」というものは、
今生きている中で見つけるものではなく、
過去生や未来生を含めて考えてはじめて、
見つかるものなんだそうです。


つまり、
自分の運命を知らなければ、
使命も見つからないということです。


確かに使命を考える上では、
自分の運命を知る必要があると、
なんとなく頭ではわかりますよね。


量子力学でも実証された
研究の結果でもあるみたいので、
ただの眉唾ものではないでしょう。


さらに驚きなのは、
運命を知ることができるだけでなく、
その運命すらも変えることができ、
自由な人生を選択できるようになるということです。


半信半疑ですよね。
まだ私も半信半疑です。でも・・・


いち早く登録してみた私としては、
これまで述べられてきた
「人生を変える方法」とは違う雰囲気を感じます。


本当は一般に公開されるような
情報ではないみたいなのですが、
今の日本の現状があまりにも危ないということで
こうした本物の情報を公開するに至ったようです。


いずれにせよ、無料ですし、
公開が終了する前に登録することをオススメします。


http://infotop-acenter.com/ad/7869/284478

【メッセージ終了】

 

 

 

 

 



a:342 t:5 y:8

コメント


認証コード0097

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional