ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

トランプ大統領、韓国国会で演説!そして中国へ・・・

トランプ大統領、韓国国会で演説!そして中国へ・・・

韓国国会の演説は手厳しいものであった!
「北朝鮮はパラダイスではなく、地獄である・・・」
その「手先」文在寅大統領はどう聞いたか?
というところである・・・。
間を於かずトランプ大統領は中国に移動した!

 

中国では予想の通り、

最大級のもてなしである。

”国賓を越える最大級のもてなし”とは何だろう・・・?

要するに、

習近平はトランプを今のところ世界帝国皇帝と見ているのである。

 

裏を読むと、

やがて、

中華帝国が誕生すると夢見ており、

それが「平和攻勢」で、

国力・軍事で勝ち目がないと判断した場合は、

ひたすら従順な姿勢に徹するのである・・・。

 

しかし、

心中は逆である。

中国外務省から漏れ出たとされる2050年戦略は、

次の図面に表現されている・・・。

 

それが読めないトランプではないだろう・・・。

まずは北朝鮮ありきなのである。

まさに、

鷲とトラの化かし合いが始まっているに過ぎない。

近日中に、

日本海では3隻の空母が一堂に会し、

大規模な共同演習が始まる。

「ニミッツ」「セオドア・ルーズベルト」「ドナルド・レーガン」である。

日本からは護衛艦「いなづま」が参加する。

 

折しも、

11月5日には蒼龍型潜水艦の進水式があった。

潜水艦「しょうりゅう」命名・進水式

 

既に、

火蓋はきられている・・・。

そう思って間違いはない。

 

北朝鮮は、

「人殺しの国家、地獄の国家」とトランプ大統領は表現した。

それに異論はない。

それを後押ししているのは、

間違いなく中国であり、

韓国である。

これにけじめを付けるのは必要最小限の覇権争いである。

 

これに敗北したら、

アメリカの世界覇権は終了する。

今度は間違いなく、

中華帝国として習近平が上に立つことになるだろう・・・!

これを押し止めるのは他にない。

日本の目覚めを置いて他にはあるまいが、

未だ、

日本は目覚めていない。

 

【転載開始】

トランプ氏、中国でツイッター使用禁止を迂回【写真】
トランプ氏、中国でツイッター使用禁止を迂回【写真トランプ氏、中国でツイッター使用禁止を迂回【写真】
© REUTERS/ Jonathan Ernst
アジア
2017年11月09日 09:00(アップデート 2017年11月09日 12:26) 短縮 URL
トピック
トランプ大統領のアジア歴訪 (30)
0 215921

中国を訪問中のトランプ米大統領は8日、「万里のファイアウオール」と呼ばれる同国のインターネット閲覧規制を迂回し、ツイッターで投稿を行なった。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

中国政府は、国家安全保障という目的ででツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのウェブサイトの閲覧を禁じている。

一方、米当局者によると、トランプ氏はインターネットを自由に使用するため、高度な規制迂回技術を中国に持ち込んだとみられる。

トランプ氏は中国から、「メラニアと私は、習近平国家主席と彭麗媛夫人に対し、北京の紫禁城での忘れられない午後と夕べに感謝する。明日の朝、またご一緒できるのを楽しみにしている」と投稿した。】

トランプ氏、中国でツイッター使用禁止を迂回【写真】
© REUTERS/ Jonathan Ernst

2017年11月09日 09:00(アップデート 2017年11月09日 12:26)

中国を訪問中のトランプ米大統領は8日、「万里のファイアウオール」と呼ばれる同国のインターネット閲覧規制を迂回し、ツイッターで投稿を行なった。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

中国政府は、国家安全保障という目的ででツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのウェブサイトの閲覧を禁じている。

一方、米当局者によると、トランプ氏はインターネットを自由に使用するため、高度な規制迂回技術を中国に持ち込んだとみられる。

トランプ氏は中国から、「メラニアと私は、習近平国家主席と彭麗媛夫人に対し、北京の紫禁城での忘れられない午後と夕べに感謝する。明日の朝、またご一緒できるのを楽しみにしている」と投稿した。【転載終了】



a:181 t:3 y:3

コメント


認証コード6218

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional