ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

1100年前の仏像をほんの出来心でCTスキャンしたら・・・!

1100年前の仏像をほんの出来心でCTスキャンしたら・・・!

本物の人間が入っていた・・・?! 
オランダにあるらしい・・・中国製
盗品疑惑があって現在調査中らしいが、
即身成仏らしい・・・!

 

生死を貫く宗教の世界にあっては、

特に珍しい話ではない。

ローマの教会の地下室は、

しゃれこうべ(髑髏(どくろ、されこうべ、しゃれこうべ、しゃりこうべ - :Skull))の山である。

 

 

即身成仏だとしても、

その後に遺体加工して仏像に収めたものであろう。

あんまり気持ちの良いものではない。

 

 

因みに、

即身成仏とは、

生きながらにして成仏(仏になる)と言う意味であるが、

やっぱり、

死んだら肉体は亡骸だ。

つまり、

魂は離脱した空っぽの肉体だ。

後生大事にする程のものではない。

肉体が仏になるのではなく、

魂の霊体が仏の境地・エネルギー拡大する訳である。

Mummy Found Hiding Inside Ancient Buddha Statue

 

【転載開始】

【驚愕】1100年前の仏像をCTスキャンしてみた結果、中身が人間の遺体であることが判明

2017年10月10日 ミステリー

今Twitterで大きな反響を呼んでいる画像がある。

スキャン画像にはっきりと映し出される人間の骨。

そう、この仏像の中には人間の遺体が入っていたのだ。

と言っても、事件性のあるものではなく、中に入っていたのは即身仏だということ。人々の救済を願った僧が瞑想状態のままミイラ化したのを仏像に作りかえたのだろう。身元は1100年前の中国にいた身分の高い僧侶のものではないかと言われている。

普段ならギャー!!とか言いたくなるところだが、どことなく落ち着いた雰囲気で神秘的だ。

なんとも不思議・・・。おもわず畏怖の念を抱いてしまう。

実はこの画像は数年前に一度話題になったもの。今再び注目されたのはこの画像が持つ不思議な力ゆえだろうか?

この画像が公開された当時はオランダの美術館に保管されていたのだが、現在の所在は不明。その理由が意外なものだった。

まさかの盗品?中国側が主張

なんとこの仏像は、中国から盗まれたものだとして、2017年の3月中国側が訴えを起こしたのだ!

現在はまだ事実を検証中らしく、オランダのどこかにあるとは思われるが、このようにデリケートな問題の影響で所在は不明。

今後仏像がどうなるかはこの問題次第。本当に盗品なのかどうか、事実が明らかになるのは時間の問題だろう。【転載終了】



a:403 t:2 y:2

コメント


認証コード1798

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional