ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

1,746人の米国成人が地図上で北朝鮮を指摘するのは36%

1,746人の米国成人が地図上で北朝鮮を指摘するのは36%

まあ、そんなところだろう・・・!
日本でもウクライナを正確に示すことが出来るだろうか?
プエルトリコはどこだと聞かれたら?
カタルーニャ独立運動のカタルーニャと問えば・・・?
スペインすらも判然としない人も多いだろう・・・。

 

人工国家北朝鮮が朝鮮労働党創建72年の記念日を迎えた。

今や命運が尽きようとしている。

そのやり場のない怒りが、

日本列島に向かっている。

ほとんど逆恨み状態である・・・。

 

 

トランプは「北朝鮮に通じる方法」を何と考えているのか?

他にあるまい。

壊滅作戦は近い・・・?!


<飢える北朝鮮兵士>

 

おそらく、

64%の北朝鮮の地図上の位置さえ判然としない

アメリカ国民に取って、

騒がしいニュースに眠りを邪魔されるに過ぎないだろう。

ラスベガス乱射事件も同じである。

日夜ニュースが喧しいので、

致し方なく知り、

致し方なく恐れている人々が多い。

 

いずれにしても金正恩の命運は尽きた!

北朝鮮の独裁体制が崩壊するのは、

歴史のの示す方向であるが、

終わり方に問題が残る。

核の暴発は何としても避けたい。

避けなければならない。

これにはロシアがどうの様に関わるかである。

プーチンがどのように関わるかである。

 

【転載開始】
1,746人のアメリカ人成人が地図上で北朝鮮を指摘するよう求められた:これは結果だった

 
Tyler Durdenの画像

2014年4月、ウクライナの紛争(と代理内戦)がクライマックスを打ち立てたように、米国とロシアの関係を崩壊させる過程で、約2,066人のアメリカ人がウクライナがどこにあるの尋ねられました。結果は、何かを残す一方で、ひどいことではありませんでした。

北朝鮮は最近の地政学的ホットスポット、北朝鮮と同じ運動繰り返したこの週末に早送りする。モーニング・コンサルのカイル・ドロップが率いる実験で、彼は1,746人のアメリカ人に北朝鮮が世界地図のどこにいるのかを指摘するよう求めた。これは生の結果でした: 

結論:ちょうど36%がそれを正しく得ました。彼らが選んだ国は次のとおりです:

 

大部分のアメリカ人が地理的に恐ろしいことを示すこと以外にも、NYTは、調査がなぜ行われたのかを説明する次のような詳細を提供しました:北朝鮮を正確に識別できる回答者は、外交的および非軍事的戦略を、。これらの戦略には、さらなる経済制裁を課し、北朝鮮に影響を与える中国への圧力を高め、北朝鮮の軍事目標に対するサイバー攻撃を実施することが含まれる。

彼らはまた、直接の軍事的関与、特に地上部隊の派遣を、北朝鮮の所在を見落とした人よりもはるかに有利ではないと、NYTの報告書で見た。グループの最大の違いは最も簡単だった。北朝鮮を見つけることができた人たちは、米国が北朝鮮について何もしなくてはならないという提案にはるかに反対だっただろう。

驚くことではないが、教育は参加者が北朝鮮を見つける能力の主要な要因であった。大学院の学位を持つ者が最も成功していた。唯一良かったのは、韓国の祖先を知っていると言った人たちでした。外国人を訪れた、または外国に行った人たちは、北朝鮮を見つけなかった人よりも、北朝鮮を見つける可能性がはるかに高い。

しかしモーニング・コンサルの調査によると、はるかに驚いたことは、平均して、特に共和党員と共和党員が、民主党の男性よりも北朝鮮を正確に見つける可能性が高いということです。そして、共和党員は、研究者によって提起されたほとんどすべての外交的解決策に有利に働く可能性がより高い。(女性は、当事者に関係なく、同様の料金で北朝鮮を見つける傾向があった)。 

これは、民主党がより進歩的であるという評判を考えれば驚くべきことであり、少なくとも紙では、非暴力的な問題解決を求めている。NYTはさらに次のように述べています。

地理的知識そのものは、地政学的事象の複雑さに対する認識の高まりに貢献するかもしれない。この発見は、2014年に実施されたDropp、Joshua D. Kertzer、Thomas Zeitzoffの同様の実験と一致していますが、アメリカ人に地図上でウクライナを特定し、軍事介入をサポートしているかどうか尋ねました。研究者らはウクライナからの回答が遠いほど、軍事介入に有利な可能性が高いことを明らかにした。

おそらくもう一つの理由があります。アメリアンは単に気にしません。もしそうであれば、アメリカ人の北朝鮮に対する比較的低い関心は反復的ではない。ロサンゼルスタイムズの北京局長であったバーバラ・デミックは、「北朝鮮人は米国に執着している」と語った。

「彼らは朝鮮半島分裂の責任を担う米国を保有しており、20世紀半ば以降の米国の外交政策は、彼らを傷つけるという単一の目標を中心に回ってきたと信じている」と彼女は語った。「あなたができる最も残酷なことは、多くのアメリカ人が北朝鮮を地図上に置くことができなかったことを北朝鮮に伝えることです」。

「アメリカ人が国や場所を特定できないことは新しいものではない」2006年のRoper調査によると、イラク戦争の最中に、若者10人に6人が中東の地図、約75%がイランやイスラエルを特定できず、半数しかニューヨーク州を特定することができなかった」と述べた

北朝鮮については、回答者の36%だけが北朝鮮を特定でき、外交的解決策を模索していることから、アメリカの大人のおよそ3分の2がむしろ金政権を完全に撤廃することを意味する。北朝鮮独裁者の長寿にはあまりうまくいかない。【転載終了】




a:210 t:2 y:2

コメント


認証コード8867

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional