ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

土嚢の積み方はもはや芸術的な美しさ-自衛隊-

土嚢の積み方はもはや芸術的な美しさ-自衛隊-

これは一目瞭然だろう・・・!
何が?
日本の軍隊(自衛隊)は昔も今も、
戦いの実務よりも、
その精神(美)を追及するところがある!

 

たかが土嚢と言うなかれ!である。

要は、

敵の弾を防ぐ手段であるが、

何故にこれだけ違うのだろう。

功利的に見れば無駄な労力である。

意味があるのか?

 

意味があるのか、

ないのか?

その判断は難しいだろう・・・。

ただ言えることは、

ただの殺し合いをする集団は、

土嚢にまで精神(美)を求めるだろうか?

と言うことである。

 

 

 

戦場では、

只ひたすらに生死をかけて戦いが繰り広げられる。

 

土嚢と言えども兵士にとっては命綱である。

その現実は変わらないが、

その中にも、

精緻と美を求めるのは日本の武士道である。



a:341 t:1 y:2

コメント


認証コード3138

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional