ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

「本物」のニュースを伝えるチャンネルをスタート!

「本物」のニュースを伝えるチャンネルをスタート!

背に腹は代えられない・・・!
と言ったところであろう。
ここまでフェイクニュースに言いたい放題されたら、
トランプならずとも思いは同じだ・・・!
日本でもその必要性がある・・・!

 

マスコミは第四権力と言われる。

但し、

何処からも審判を受けない闇の権力だ。

闇と闇はくっ付きやすい。

もう一つの闇は、

DeepState(陰の政府)の事だ。

それを構成する国際金融資本がマスコミを支配している。

 

今年はフェイクで始まり、

フェイクで終わろうとしている。

年のキーワードはフェイクで決まりだろう。

と言う事は、

真実を伝えるマスコミの自殺がその背景にある。

見解の相違は良いが、

フェイクはダメだ。

少なくとも見解の相違を示す、

相反する見解を明示しなくてはならないが、

それすらもしなくなったメディアがある。

 

いわゆる、

「報道しない自由」問題である。

報道機関が「報道しない自由」等持ちだしたら、

公共性は形なしである。

公共報道機関は自殺した。

ましてや、

許認可事業である電波メディアは、

公共の上にも公共性が求められる。

「報道しない自由」等という電波メディアは免許剥奪ものである。

 

資本の論理がメディアを支配するとしたら、

自由資本主義は成り立たない。

寡頭資本主義である。

それがDeepState=闇の権力の目指すところである。

DeepState=闇の権力とは国際金融資本グループであるから、

メディアは報道機関(ましてや公共報道機関)であることを止め、

洗脳機関として宣言したに等しい。

まさに全体主義国家の機関紙として、

宣言したのであるから、

かつてのプラウダや現在の人民日報、

平壌放送等々と何ら変わりがない。

 

DeepStateはその本質において、

共産主義と同じである。

実際、

ネオコンは共産党トロツキストの末裔である。

グローバリストはコミュニストであり、

グローバリズムは国際共産主義運動母体(コミンテルン)と

何ら変わることがない。

そう考えておれば、

情勢分析に誤ることはない。

 

そういう意味で、

トランプの行動は独立運動であり、

ある意味で独立戦争を闘っているのだ。

【転載開始】

トランプ大統領、Facebookで「フェイク」ではなく「本物」のニュースを伝えるチャンネルをスタートさせる
トランプ大統領、Facebookで「フェイク」ではなく「本物」のニュースを伝えるチャンネルをスタートさせる【動画】
© REUTERS/ Jonathan Ernst
米国
2017年08月02日 16:11(アップデート 2017年08月02日 16:34)

トランプ米大統領は、フェイスブックに「フェイク」ではなく本物のニュースを伝えるチャンネルを開設した。司会を務めるのは嫁のララさん。BuzzFeedが伝えた。

スプートニク日本

BuzzFeedは2日、「偽ニュースをつくっているとして数か月にわたってマスコミを非難した後、トランプ大統領は、自身のフェイスブックでニュース番組をスタートさせた。司会を務めているのは同氏の嫁だ」と伝えた。

チャンネルで最初の動画が公開されたのは7月20日。ララさんはトランプ大統領の2300万人のフォロワーに、毎週配信されるニュースを見逃さないよう呼びかけた。ララさんは「私たちは皆さんに事実のみをお届けします。ニュースをお見逃しなく」と述べた。

ララさんは、テレビ番組Inside Editionのプロデューサーだった。また、しばしばトランプ氏のキャンペーンのサポートも行った。【転載終了】



a:311 t:3 y:2

コメント


認証コード2995

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional