ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

臨終のMI5エージェントが告白でダイアナを殺したと認める!

臨終のMI5エージェントが告白でダイアナを殺したと認める!

既にプーチン筋もその証拠を示していたが
その下手人が臨終での告白した事は重い!
MI5は英国内諜報部門である・・・
今ある偽旗作戦もMI5が関わっているであろう・・・。
それも又、
臨終告白されるか?

 

いずれにしても、

こうした臨終告白パターンは増えるだろう・・・。

これまでもあった。

ケネディー暗殺実行CIAエージェントもそうだが、

主要メディアに上ることはない。

黙殺か無視である。

 

この諜報部員ジョン・ポブキンスは23回の暗殺ミッションに加わった。

その内の一つがダイアナ妃の殺害である。

その指令は王室からのものであった。

女性の暗殺はダイアナ妃だけであった。

こうした告白は、

顧みられることはないであろうが事実としては残る。

少なくとも、

その実行者にとっては冥途までの秘密のつもりであったであろうが、

こうして告白されたのは自責の念からであろうか?

諜者にとってそれは自明のことであろうが、

人間としての重みを失っていなかった。

 

如何に政治が

ディープな彼方から発せられていることを示す例である。

ディープステイト(闇の政治権力)存在することは、

連日俄かに脚光を浴びて来た。

これまで「陰謀論」として隠されていた実体が、

次第に炙り出されるようになった。

これは良いことである。

 

国内諜報で23人(以上?)もの人間が

諜報機関の暗殺の対象になったということである。

その中の一人がダイアナ妃であった。

これは厳然たる事実として歴史に残る。

闇の政治権力は、

何を守っているのか?

それが問題である。

 

【転載開始】

Dying MI5 Agent Admits to Killing Princess Diana in Deathbed Confession

Retired hitman confesses to murder of The People's Princess
By: Jay Greenberg  |@NeonNettle
 on 19th June 2017 @ 7.34pm
【転載終了】

【Google仮訳開始】※一部修正

臨終のMI5エージェントが死の告白でダイアナを殺したことを認めている
退職したヒットマンは、国民王妃の殺害を告白する
投稿者:Jay Greenberg | @NeonNettle
 
2017年6月19日@ 7.34pm
死ぬmi5代理店ジョンホップキンズはプリンセスダイアナを殺すことを告白©©Press

ティム・ホプキンスのMi5エージェントが臨終の際、ダイアナ妃を殺害したことを告白

死亡している英国情報機関の捜査官は、ダイアナ妃の殺害を命じられたことを含め、医師が暮らすには数週間しかないと伝えられた後、一連の驚くべき自白をした。

80歳のジョン・ホプキンスは、英国政府のヒットマンとして働き、1973年から1999年の間に23回の暗殺を実施したと主張して退職したMi5捜査官である。

ホプキンス氏は38歳のベテランで、彼の仕事は「国家安全保障に対する脅威」を抱える個人を離散的に暗殺することを頻繁に含むと主張している。

英国で働いていた時、彼は機械技術者や軍需専門家として広く訓練され、毒物や化学物質に関わる異例の殺人事件で「味付け」されると主張している。

退職した英国人の暗殺者は、「MI5が外部からの監視が少ないときに」と述べる期間中、政治的暗殺を行うことが信頼された7人の諜報員の一員として働いたと言います。

彼のトップシークレットセルの犠牲者の多くは、政治家、ジャーナリスト、活動家、組合指導者だった。

ホプキンス氏は、ダイアナ妃が殺された唯一の女性だと主張している。

    
「彼女はロイヤルファミリーから直接注文された唯一のターゲットだった」

 
マイケル・ジャパンがあなたに$ 10,000 /日を教える方法を教えてくれる
量子収入機械
彼は「人民姫」の人生をどのように感じたかについて、彼は彼女の死について「両立していない」と感じ、彼女を「綺麗で親切な女性」と表現し、人生を悲惨に短くしたが、リスクのある英国のクラウン "、言って:

    
「王家は、彼女がチャールズと離婚する予定だったという証拠を持っていました。

    
「彼女は王様の秘密をあまりにも多く知っていた。彼女は大きな恨みを持っていて、あらゆる種類の野生の主張を公開するつもりだった」

    
「私の上司はフィリップ皇太子から直接注文を受け、死ぬ必要があると言いました。それを事故のように見せなければなりませんでした」

    
「私は決して前に女を殺したことはありませんでしたが、王女はそれほど少なくありませんでしたが、私は命令に従いました。

彼は主流のメディアと直接協力して、バッキンガム宮殿からの厳しい管理下で運営されていたと主張している。

高水準の陰謀は、メディアとパレスの間の結託が「彼らの話を広げてみて、みんなが同じページにいることを確認した。

ホプキンス氏は手術中の陰謀犯について話して、

    
「英国のジャーナリストはすべて、バッキンガム宮殿の犯罪家の騎士団が欲しいオリガルクスに答える編集者に答えている」

    
「英国には自由な記者がいません」

    
「殺人で逃げました」

ホプキンス氏は、医師から短い時間しか生きられないと伝えられた後、自宅で最後の週を過ごすと語ったが、入院後に逮捕されるか、

    
"私はひどく気にしているとは言えません。"

    
「もし彼らが私を連れ出すなら、彼らは私に今好きになるだろう」

彼は、「私の同僚の大部分はすでに死んでいる」と付け加えて、業務上の記録が限られているため、調査が「永遠に続く」ように開かれ、「非常に複雑」になると、彼は「長くなった」と説明した。

ホプキンスは、ダイアナ妃を殺害した主な共謀者がフィリップ皇太子だったと主張しているが、「もちろん何も告発されることはない」と述べた。

    
「フィリップ皇太子が精神科医によって分析されたなら、彼は精神病と診断されるだろうと確信している。彼はすべての暗いトライアドの特性を持っています。

この事件が調査された場合、最も重要な目撃者は、明らかに2000年代初めに心臓発作で死亡したホプキンス氏の上司です。

ホプキンスがなぜそのプロットを以前に公開しなかったのか、あるいはその時点でその仕事を拒否していないのかを聞かれたとき、彼は説明しました:

    
"MI5のエージェントはクラウンに忠誠を誓う"

    
「王室になると公平になることはできない」

    
「せいぜい私は反逆のために行われていただろうが、最悪の場合、フィリップは私のためにひどい運命を描いただろう」

【仮訳終了】

Tweet



a:1938 t:5 y:3

コメント


認証コード2483

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional