ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

two°C - New-York City温暖化警告ビデオ!

two°C - New-York City温暖化警告ビデオ!

トランプ大統領がパリ協定離脱を表明した・・・。
主要メディアは気狂いのように、
温暖化キャンペーンを狂想曲を奏でている・・・。
嗤うしかない!

 

眺めているのも面白い・・・。

平均気温が2度上がると、

ニューヨークが水没するらしい。

言ったな! 

覚えて置こう。

 

温暖化詐欺が暴かれて困るのは、

詐欺経済が根底から覆るからで、

石油も石炭も原子力もその上乗っかって施策されている。

おまけに、

架空の炭素税や排出権取引といった、

搾取構想が根底から胡散霧消してしまう・・・。

 

全ての穀物・植物は炭素より成り立っていることを知らないのだろうか?

ということは、

人間の身体も動物も炭素より成り立っている。

炭素社会が現実で、

二酸化炭素が少なくなれば、

植物も森林も育たなくなる。

そのことの方が大きい。

 

二酸化炭素は温暖化に依り濃度が高くなり、

温暖化の原因ではないことは自明であるが、

IPCCはその主客を転倒して詐欺を企図している。

壮大なウソである。

科学的詐欺もそうだが、

何よりも政治的詐欺が横行している。

米国は排出規制をしていない。

EUは統合に依る東側逓減で実質規制はない。

中国は埒外だ。

 

パリ協定があってもなくても、

何ら大勢に変化はない。

有名無実とはこの事を言う。

明らかに日本だけはこれに依り、

省エネ化が進んだ。

同時に経済が停滞した。

どうしてもろ手を挙げてパリ協定破棄に賛同しないのか?

気が知れない。

two°C - New-York City

 

【転載開始】
Two °C – New-York

A quoi ressemblerait New-York s’il y avait une montée des eaux ? C’est cette simulation que nous avons voulu représenter dans ce court film. La réalisation fut un exercice technique, mais délivre aussi un message d’alerte par rapport au réchauffement climatique.

La place de l’Homme dans notre société est un des thèmes de prédilection de nos travaux, avec la thématique du vide et de l’abandon, convaincus de l’impact anthropique sur l’environnement. Le réchauffement climatique que nous pointons ici par la montée des eaux n’est qu’une brique de l’ensemble des dégradations de l’environnement parmi lesquelles on retrouve, entre autres, la pollution de l’air et des eaux, l’appauvrissement des sols et l’épuisement des ressources.

What would New-York City look like by rising waters? We wanted to represent this simulation in this short film. The realization was a technical exercise, but also gives a warning message in relation to global warming.

The place of Man in our society is one of the main themes of our work, with the theme of emptiness and abandonment, convinced of the anthropic impact on the environment. The global warming that we point out here by the rising waters is only one element of all the environmental degradations like the air and water pollution, impoverishment Soil depletion and resources depletion.

Ce scénario est-il plausible ?

Oui. Et pour plusieurs raisons.

Pour la première, la montée des eaux n’est qu’une manifestation du réchauffement climatique. Lors de la conférence de l’ONU (COP21) qui s’est tenue à Paris en décembre 2016, 195 états ont signé un accord de réduction des émissions des gaz à effet de serre qui permettrait de limiter à 2° C (3.6 degrés Farenheit) le réchauffement climatique. Vous aurez compris que « two » signifient ces deux degrés.

Le GIEC, organisme intergouvernemental constitué d’experts sur l’évolution du climat, prévoyait une hausse moyenne des océans de 1 mètre d’ici 2100 : leur modèle sous-estimait la fonte des glaces. Pour James Hansen, ces 2° resteraient encore dangereux car il intègre dans ses récents modèles la fonte des glaces : il estime une hausse de 5 à 9m d’ici 2080. C’est demain.
Cette hausse associée aux ondes de tempêtes (comme l’ouragan Sandy de 2012 à New-York) permettrait aisément de retrouver le même état d’inondation présenté dans le film.

Selon ce scénario, plusieurs grandes mégalopoles sont fortement menacées par cette montée des eaux : un enfant âgé aujourd’hui de 5 ans pourra connaître ces mêmes images de New-York sous les eaux puisque cette simulation  propose une projection d’ici 60 à 80 ans, en adéquation avec les études pré-citées

Pour les plus curieux, l’étude complète originale de James Hansen, en co-réalisation avec 17 scientifiques (dont 2 français) est dispo ici en anglais et le « climatoblogue » propose un excellent résumé de cette étude en français ici.

 

La seconde raison serait tout aussi dramatique.
La montagne du volcan Cumbre Vieja sur l’île de La Palma dans les Canaries menace de s’effondrer. L’effondrement pourrait créer un méga-tsunami avec une vague de plus de 650m de hauteur. Pour se rassurer, ce phénomène pourrait arriver d’ici plusieurs milliers d’années. Ou demain. Gardons-le à l’esprit.

Le site « La Terre du Futur » explique cette version dans un excellent article documenté ici.

Is this scenario possible?

Yes. And for several reasons.

For the first, rising waters is only one manifestation of global warming. At the UN Conference (COP21) in Paris in December 2016, 195 nations signed an agreement to reduce greenhouse gas emissions that would limit to 2 ° C (3.6 degrees Farenheit ) global warming. You now undarstand that « two » means these two degrees.

The IPCC, an intergovernmental panel of experts on climate change, predicted an average ocean increase of 1 meter by 2100: their model underestimated the melting of the ice. For James Hansen, these 2 ° would still remain dangerous because it integrates in its recent models the melting of the ice: it estimates an increase of 5 to 9m by 2080. It is tomorrow.
This rise associated with storm surges (such as Hurricane Sandy in New York in 2012) would easily allow for the same flooding condition presented in the film. You can find here the entire James Hansen’s case study.

The second reason would be also dramatic.
The mountain of the volcano Cumbre Vieja on the island of La Palma in the Canaries threatens to collapse. The collapse could create a mega-tsunami with a 650m (2130 feet) wave . But this geological phenomenon could happen in several thousand years. Or tomorrow. Let’s keep it in mind.

 

La réalisation

L’eau est le résultat d’une simulation 3D, où la première étape a d’abord été de supprimer toutes les personnes. Pour supprimer les gens, on utilise Photoshop, et pour la simulation de l’eau, un logiciel 3D (3DS Max). L’inspiration est venue de l’excellent travail d’ArtefactoryLab et leur Paris inondée.

Les plans ont été tournés en mars 2016 et février 2017 avec un GH4 et l’objectif 12-35mm de Panasonic. Toutes les incrustations d’images sont du domaine public et proviennent d’archive.org. La réalisation a nécessité plusieurs mois de travail.

La musique « It’s happening » est signée de Luke Richards et est sous licence via audionetwork.com

Water is result of a 3D simulation (with 3DSMax) after removing all the people in the streets (with Photoshop). We used a GH4 with the 12-35mm lens. For speed additionnal footages, we used archive.org, and we licensed the music via audionetwork.com (Luke Richards, « It’s happening »). Doing this film required several months of work.

 

【Ping仮訳開始】※そのママ
2° c-ニューヨーク

水サージがあったらニューヨークはどんな風に見えるでしょうか?これは、我々はこの短編映画で表現したいシミュレーションです。実現は、技術的な運動だったが、また、地球温暖化に関連して警告メッセージを提供します。

私たちの社会の人間の場所は、空虚と放棄をテーマに、環境への人為的影響を確信して、私たちの仕事の好きなテーマの一つです。地球温暖化は、我々はここでは、水の上昇によって、我々は、他のものの間で、空気や水の汚染、土壌の枯渇や資源の枯渇を見つけるすべての環境の劣化のレンガです。
 
どのようなニューヨーク市は、ライジングウォーターズのようになりますか?我々はこの短編映画の中でこのシミュレーションを表現したかった。実現は技術的な練習だったが、また地球温暖化に関連して警告メッセージを与える。

私たちの社会の人間の場所は、空虚と放棄、環境への人間の影響をテーマに、私たちの仕事の主なテーマの一つです。我々はここで上昇海域で指摘する地球温暖化は、空気や水質汚染、貧困土壌の枯渇や資源の枯渇のようなすべての環境劣化の1つだけの要素です。

このシナリオはもっともらしいですか?

うん。そして、いくつかの理由で。

最初に、水の上昇は地球温暖化の徴候である。2016年12月にパリで開催された国連会議 (cop21) で、195州は、地球温暖化を2° c (3.6 度華氏) に制限する温室効果ガス排出削減協定を締結しました。あなたは、"2 つの" この2つの度を意味理解しているでしょう。
 
ipcc は、気候変動の専門家の政府間機関、2100によって1メートルの平均海洋増加を予測: 彼らのモデルは、氷の融解を過小評価した。彼は彼の最近のモデルでは、氷の融解を統合するため、ジェームズハンセンは、これら2°はまだ危険なままになります: 彼は2080で5〜9メートルの増加を見積もっている。明日だ
このサージに関連付けられている嵐のサージ (ニューヨークの2012のハリケーンサンディのような) 容易にフィルムで示される同じ氾濫状態を取り戻す。

このシナリオによると、いくつかの大きな都市が強く、この水の上昇によって脅かされている: 子供今日5歳は、このシミュレーションは、研究に沿って80年以内に投影を提案するので、水の下でニューヨークのこれらの同じ画像を知ることができます引用

最も好奇心のために、ジェームズハンセンの元の完全な研究では、共同で17の科学者 (2 フランス語を含む) との生産ではここで英語で利用可能であり、"Climatoblogue は" ここでフランス語でこの研究の優れた要約を提供しています。

2番目の理由は、同じように劇的になります。
カナリア諸島のラ・パルマ島の火山の山は崩壊する恐れがあります。崩壊は、高さ650以上の波とメガ津波を作成することができます。心強いことに、この現象は、今後数千年で発生する可能性があります。または明日。心に留めておきましょう。

サイト "未来の土地は、" ここに記載された優れた記事でこのバージョンを説明します。

このシナリオは可能ですか?

うん。そして、いくつかの理由で。

最初に、上昇の水は地球温暖化の1つの徴候だけである。2016年12月にパリで開催された国連会議 (cop21) で、195カ国は、地球温暖化を2° c (3.6 度華氏) に制限する温室効果ガスの排出量を削減するための協定に調印した。あなたは今、"2 つの" この2つの度を意味 undarstand。
 
ipcc は、気候変動の専門家の政府間パネルは、2100によって1メートルの平均海洋増加を予測: 彼らのモデルは、氷の融解を過小評価した。ジェームスのハンセンのために、これらの2°はそれが最近のモデルで氷の溶けることを統合するのでまだ危ない残る: それは2080によって5から 9 m の増加を推定する。明日です。
嵐のサージ (2012 のニューヨークのハリケーンの砂のような) と関連付けられているこの上昇はフィルムで示される同じ氾濫条件を容易に可能にする。ここでは、全体のジェームズハンセンのケーススタディを見つけることができます。

2つ目の理由も劇的でしょう。
火山の山、カナリア諸島のラパルマの島が崩壊する恐れがあります。崩壊は、650 (2130 フィート) 波とメガ津波を作成することができます。しかし、この地質学的現象は、数千年で発生する可能性があります。または明日。心に留めておきましょう。【仮訳終了】

実に正論!

※【武田邦彦】完全にウソ。地球温暖化とロスチャイルドの関係。



a:606 t:1 y:1

コメント


認証コード9827

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional