ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

元ヒラリー・クリントンの部下が反逆罪で逮捕された!

カテゴリ:NWO

元ヒラリー・クリントンの部下が反逆罪で逮捕された!

これは先月4月の話である・・・。
Deep State(陰の政府)に対する攻撃は本物か?
FBI長官コミー(コメイ)が更迭されたが、
その前からそれは始まっている・・・?!
メディア(Main stream media)はその事を感づいて、
反撃を開始しようとしている・・・?!

 

それがウォーターゲート事件ならぬ

ロシアゲート事件を振りまいている訳である。

メディア(Main stream media)が

コミー長官を更迭したのを

ニクソン元大統領が特別検察官を更迭した事に準えて、

トランプ弾劾をチラつかせてキャンペーンを張ってくることは容易に想像された。

 

だが、

ロシアゲート事件はCIAの偽旗である。

虚像を持ってして、

弾劾理由にするには到底無理がある。

ましてや、

ニクソンは防御一辺倒であったが、

今般のFBI長官コミー(コメイ)更迭劇は攻撃ののろしである。

その始まりは既に始まっており、

この事件もその一つである。

 

やがて、

悪魔主義(ピザゲート)摘発劇が始まれば、

メディア(Main stream media)にも及ぶことは明らかだ。

防御に立っているのは、

Deep State(陰の政府)側の連中で、

メディア(Main stream media)もその一つである。

悪魔主義(ピザゲート)をネットの捏造劇とし、

ロシアゲートを本物のように見せかけて、

キャンペーンを張ってきたのは、

遅きに失したカウンター攻撃である。

それも、

FBI長官コミー(コメイ)更迭で沈没した。

 

そう観るのが正当であろう。

 

ロシアのプーチン大統領にコメントを求めていたが、

一笑に付されるのは火を見るより明らかだ。

パブロフ外相も、

意に介せぬ態度であった。

ロシアゲートは偽旗だが、

トランプ・プーチン枢軸は次第に姿を見せつつある。

当面の課題はシリア内戦の終息である。

それにはプーチンとの協力なくしては気泡になる。

そして、

その対象はダーイシュ(IS)である。

 

だが、

Deep State(陰の政府)はFree Syrian Army(FSA)(シリア自由軍)擁して、

ダーイシュ(IS)化作戦がヨルダン国境で進行中だ。

これは既に暴露されているので、

失敗するであろう。

つまり、

ダーイシュ(IS)の終焉が年内には起こる。

それもロシアプーチンとの連合軍で達成される。

 

Deep State(陰の政府)とはネオコンのことであり、

グローバリストであり、

軍産複合体のことであるが、

これと和するように見せかけて、

その弱体化を計るのはペンタゴンのトランプ大統領派であり、

トランプ自身の巧妙な戦術だ。

 

FBI長官コミー(コメイ)も更迭は、

十分に熟慮された結果で、

同時にDeep State(陰の政府)に対する本格攻撃の

合図であると考えられる。

北朝鮮問題などは、

トランプ大統領に取って、

2の次の問題である。

3の次かもしれない。

 

2の次というのは中国問題で、

その次の問題だという意味である。

そして、

金正恩の無思慮な暴発がなければ、

北朝鮮攻撃がトランプに依る先制攻撃となることは、

可能性として少ない。

アメリカの先制攻撃はポリティカル・コレクトネス(政治的公平性)なくして、

起こり得ない。

 

北朝鮮に依る9.11が必要だが、

中国に依る9.11でも構わない・・・。

 

その必要はないだろう。

何故なら、

そのためのトランプ・プーチン枢軸がある。

これが機能すれば、

中国も本気を出さざるを得なくなる。

北朝鮮の核は中共の容認なくしてなり得ない訳であるが、

中共は兎も角、

旧瀋陽軍区(現北部軍区)の容認乃至支援があった事は事実だろう。

それを締め上げる試金石を、

習近平が担わされているのはトランプ・習会談の本意だろう。

 

勿論、

瀋陽軍区を暗に動かしているのは、

Deep State(陰の政府)の策動であると見ている・・・。

 

さて、

本題に戻るが、

何故、

「元ヒラリー・クリントンの部下が反逆罪で逮捕された」かというと、

転載記事にもある通り、

中国に対する情報漏えいで、

中国諜報要員から賄賂をもらったというのが反逆容疑である。

ならば、

上記推論も強ち荒唐無稽ではあるまい。

 

トランプは極めて健在である!

Candace Claiborne State Department employee charged for collaborating with Chinese intelligence
 

 

【転載開始】

Former Hillary Clinton Employee Arrested On Treason Charges

Candace Marie Claiborne has become the first Clinton-era State Department employee indicted on treason charges, after a federal grand jury indicted her on numerous felony charges.

 

Candace Marie Claiborne has become the first Clinton-era State Department employee indicted on treason charges, after a federal grand jury indicted her for conspiring to defraud the U.S. government, concealing contact with foreign spies, obstructing an official proceeding, and making false statements to the FBI.

 

Claiborne, a veteran State Department employee who possessed a Top Secret security clearance, concealed her extensive contacts with Chinese intelligence agents, who for years lavished her with thousands of dollars in gifts as part of a pay-for-play scheme, according to a Department of Justice press release.

In addition to cash payments, Chinese spies provided Claiborne with vacations, an apartment, Apple electronics, and tuition to a Chinese fashion school, according to the indictment. Suggesting she learned tricks from Hillary Clinton, her former boss, Claiborne allegedly told co-conspirators to delete all emails and evidence after getting caught.

The bill of charges contains numerous felonies and Claiborne, 60, is facing spending the rest of her life behind bars, as prosecutors warn she is “the first of many” corrupt Clinton-era State Department employees that will be bought to justice by a reinvigorated DOJ.

Candace Marie Claiborne is a U.S. State Department employee who possesses a Top Secret security clearance and allegedly failed to report her contacts with Chinese foreign intelligence agents who provided her with thousands of dollars of gifts and benefits,” said Acting Assistant Attorney General McCord.

Claiborne used her position and her access to sensitive diplomatic data for personal profit. Pursuing those who imperil our national security for personal gain will remain a key priority of the National Security Division.”

 

He added: “This case demonstrates that U.S. government employees will be held accountable for failing to honor the trust placed in them when they take on such sensitive assignments.

Candace Claiborne is accused of violating her oath of office as a State Department employee, who was entrusted with Top Secret information when she purposefully mislead federal investigators about her significant and repeated interactions with foreign contacts,” said Assistant Director in Charge Vale.

The FBI will continue to investigate individuals who, though required by law, fail to report foreign contacts, which is a key indicator of potential insider threats posed by those in positions of public trust.

The grand jury found Claiborne’s Washington, D.C. home and her savings account are subject to forfeiture, if she’s convicted.

She wrote in a journal that she could “generate 20k in 1 year” through one of her Chinese agents, according to an affidavit. She was allegedly wired nearly $2,500 shortly after and was asked to provide the U.S. government’s analyses of its 2011 economic talks with China.

According to the Department of Justice’s press release, Claiborne is facing decades behind bars for her crimes:

The maximum penalty for a person convicted of obstructing an official proceeding is 20 years in prison. The maximum penalty for making false statements to the FBI is five years in prison. The maximum statutory sentence is prescribed by Congress and is provided here for informational purposes. If convicted of any offense, the sentencing of the defendant will be determined by the court based on the advisory Sentencing Guidelines and other statutory factors.”
【転載終了】

 

【Google仮訳開始】 ※一部修正

元ヒラリー・クリントンの部下が反逆罪で逮捕された

2017年4月12日、Baxter Dmitry News、US 204
キャンディス・マリー・クレイボンは、連邦大陪審が彼女に多数の重罪告発を訴えた後、反逆罪で起訴された最初のクリントン時代の国務省職員になった。

キャンディス・マリー・クレイボンは、連邦大陪審が米国政府を欺くことを謀議し、外国人スパイとの接触を隠し、公式の手続を妨害し、偽の声明を発表した後、反逆罪で起訴された最初のクリントン時代の国務省職員になったFBI。

秘密の秘密を保有していたベテランの国務省従業員であるClaiborneは、何百もの報酬を支払う中国の諜報機関と数多くのコンタクトを隠していたという。ジャスティスのプレスリリース

現金支払いに加えて、中国のスパイはClaiborneに休暇、アパート、アップルエレクトロニクス、中国のファッションスクールへの授業料を提供したという。 Claiborneはヒラリー・クリントン(元上司)のトリックを学んだと主張し、共謀者に捕まえられた後にすべての電子メールと証拠を削除するように言われたという。

法案には数多くの重罪が含まれており、60歳のClaiborne氏は、残りの人生をバーの向こうに費やしていると検察は警告しています。彼女は「多くの」腐敗したクリントン時代の国務省の従業員で、 DOJ。


キャンディス・マリー・クレイボンは、米国務省職員であり、トップシークレットのセキュリティー・クリアランスを持ち、何千ドルもの贈答品を提供した中国の外国諜報機関との連絡を報告していないと主張している。

「Claiborneは個人的な利益のために、彼女の地位と機密性の高い外交データへのアクセスを利用した。個人の利益のために国家安全保障を害する者を追求することは、国家安全保障課の重要な優先事項である。

彼は次のように述べています。「この事例は、米国政府職員が、そのような慎重な任務を遂行したときに、彼らに課された信頼を尊重することに失敗したことについて責任を負うことを示しています。

チャールズ・ベールのアシスタント・ディレクターは、「キャンディス・クレボーン氏は国務省の従業員として就任宣誓を違反していると非難されている。彼女は意図的に連邦捜査官に外国人との重要な交渉について誤解を与えた。

FBIは、法律で要求されているものの、国民の信頼関係にある潜在的な内部脅威の重要な指標である外国人の連絡先を報告しない個人を調査し続ける」と述べた。

大陪審は、ClaiborneのワシントンD.C.住宅と貯蓄口座は、有罪判決を受けた場合、失効する可能性があると判断した。

彼女は、宣誓供述書によると、中国のエージェントの1人を通じて「1年で20kを生み出す」ことができるとジャーナルに書いた。中国は2011年の中国との経済協議について、米国政府の分析を提供するよう依頼された。

司法省のプレスリリースによると、Claiborneは彼女の犯罪のために数十年後のバーに直面している。

「公式手続を妨害したとして有罪判決を受けた者の最大刑罰は、懲役20年である。 FBIに虚偽の陳述をするための最大の刑罰は、懲役5年です。最高法文は議会によって規定されており、ここでは情報提供のために提供されています。違法行為の有罪判決を受けた場合、被告の判決は、控訴審判決の指針およびその他の法的要因に基づいて裁判所によって決定される。

【仮訳終了】



a:586 t:1 y:2

コメント


認証コード1938

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional