ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

北朝鮮のミサイル実験は・・・撃ち落とされた?!

北朝鮮のミサイル実験は・・・撃ち落とされた?!

航空機搭載レーザーシステムで撃ち落とされた?

未確認情報ではある・・・!
が否定できない情報でもある・・・。
既に高エネルギーレーザーの兵器化は実用化している?!
間違いない!
なら、使うはずである!

真実かどうかは各々ご確認頂きたいが、

その可能性は十分にあるとの現状認識である。

その専用機は存在するし、

軍事ドローンでも十分だろう・・・。

それなら衛星と地球の裏側でもコントロール出来る。

 

その威力をご覧頂けるだろう・・・。

[軍事]高出力レーザー兵器(ADAM)
 

レーザーでミサイル迎撃実験に成功

米海軍が見せつける驚異のレーザー兵器

 

そもそも軍事的技術は、

その性質上、

実際に使用された場合は明らかにはされない。

その内、

分かってくるだけである。

 

あの失敗ぶりはレーザー破壊によく似ている・・・。

 

 

Powerful 3 Color Phaser Hit the Korean Missile Test؟؟, 1582

 

【転載開始】



Heightening tensions in the stand off between the United States and North Korea almost reached a boiling point over the Easter weekend of 2017. North Korea celebrated it’s national holiday called “The Day of the Sun” and was expected to detonate an underground nuclear bomb test and launch missiles. Much to the relief of people around the world cooler heads prevailed. The North Korean regime blinked for the first time and did not conduct a sixth nuclear bomb test. The United Stateshas said if North Korea tested a nuclear device a massive strike would follow. However the North Korean military did conduct a test of a new Intercontinental Ballistic Missile. That missile is said to have failed right after launch in the boost phase of it’s flight path. The U.S. also stated if North Korealaunched a missile it would be shot down. Did the missile fail on it’s own or was it taken down by theUnited States using an airborne laser system?
 

US Pacific Command detected and tracked what we assess was a North Korean missile launch at 11:21 am Hawaii time (2121 GMT) April 15.

Dave Benham, a spokesman with the US Pacific command

The missile was tracked meaning it got off the ground and did not blow up on the pad. It was destroyed in the boost phase of the launch. American officials have been very quiet on the whole matter. Some have speculated that the United States may have planted some malware into the North Korean missile system computers to sabotage the launch. It is possible just as the CIA injected Stuxnet into Iranian Nuclear faculties to cripple their computer systems. This would be difficult as North Korea’s missile program is not hooked to the internet. Just as most of North Korea does not have internet or even electric most of the time. Getting an agent inside North Korea’s missile program to physically implant the malware is an even more dubious assumption. The regime routinely kills anyone suspected of even having a cell phone. Getting an agent of the United States close enough to the missile command and control systems of the “Hermit Kingdom” would be next to impossible. Even for James Bond. A much more likely scenario is that it was shot out of the air in the boost part of it’s trajectory by an Airborne Laser System.

The Boeing YAL-1 Airborne Laser Test 747 used a chemical oxygen iodine laser (COIL) that took up the entire body of the modified Boeing 747 fuselage. A kilowatt class laser it used a primary targeting laser to track it’s target and test the atmosphere before firing of the main laser. Using adaptive optics, a technique used by astronomers, it adjusts the laser to negate the effects of atmospheric distortions. Having the business end of the system shooting a high powered laser out the nose of the aircraft. Capable of hitting targets many miles away by directing a powerful laser to side of the missile causing it to heat up and explode. Used to destroy missiles in the boost phase of flight with enough power for 20 shots. This weapon system was first tested back in 2004. The Boeing YAL-1 had manysuccessful tests, even engaging to two missiles in the boost phase in one experiment, until it’s retirement in 2011. Hitting a enemy missile in the boost portion of it’s launch would allow any nuclear payload to remain the problem of the country who launched it. Also it makes room for some plausible deniability as rockets blow up all the time and it would be hard to pin the action on a nation fielding this technology. Retirement for the Boeing YAL-1 means it was just a prototype and lessons learned would be applied to future airborne laser systems. The technology developed in this demonstrator would later be applied to drone aircraft.

The United States government has experimented publicly with these air borne laser systems for many decades. Laser technology has improved rapidly since that time. No longer using chemical lasers. Most systems now employ a solid state laser that is much smaller and more powerful. The YAL-1 airborne laser generated a kilowatt of laser power per 55 kilograms of weight. New solid state airborne lasers can field a kilowatt of power per 35 kilograms and do not need to store heavy chemical on board. Allowing a much smaller air frame to carry the system. Possibly using stealth drone aircraft such as theRQ-180 that has increased loiter time and cannot be seen on radar. Able to stay over enemy countriesundetected for long periods of time with no risk to a human pilot. The solid state laser takes it’s power from the aircraft engines. An unlimited magazine of ammo as long as it can be refueled in mid air. The military is even employing ground laser systems as well as AC-130 cargo planes to deliver deadly laser strikes and non lethal pain rays for crowd control. Laser weapons are also being tested for use on fighter aircraft. Directed energy microwave rifles are being employed by security agencies right now to take down errant drones that may threaten the super bowl of other large events. Why not use this proven technology to protect millions of lives? These type of weapons are most likely being used to take down missiles in the boost phase. The world may have just seen a demonstration.

Sources:

RaptormanReports

foxtrotalpha.jalopnik.com

breakingdefense.com

【転載終了】

 

【Google仮訳開始】※そのママ

北朝鮮のミサイル実験は、航空機搭載レーザーシステムによって打撃を受けたか?

米国と北朝鮮の間の緊張の高まりは、2017年のイースター・ウィークエンドに比べて沸点に近かった。北朝鮮は、「太陽の日」と呼ばれる祝日を祝い、地下核実験を爆発させると予想された。ミサイル発射。世界中の人々の救済に多くのよりクーラーの頭が勝った。北朝鮮体制ははじめて瞬きし、6度目の核実験を行わなかった。米国は、もし北朝鮮が核兵器をテストすれば、大規模なストライキが続くだろうと述べた。しかし、北朝鮮軍は新しい大陸間弾道ミサイルの試験を実施した。そのミサイルは、飛行経路のブースト段階で打ち上げ直後に失敗したと言われています。米国はまた、北朝鮮がミサイルを発砲した場合、それが撃墜される可能性があると述べた。ミサイルはそれ自体で失敗したのか、それとも航空機搭載のレーザーシステムを使用して米国によって取り下げられたのですか?

米太平洋司令部は、4月15日午前11時21分(ハワイ時間2121 GMT)に北朝鮮のミサイル発射を評価し、追跡した。

Dave Benham、米国太平洋支部のスポークスマン

ミサイルは追跡され、地面から降りてきてパッド上で爆破しなかったことを意味する。それは打ち上げのブースト段階で破壊された。アメリカの当局者は全体的に非常に静かであった。一部は、米国が打ち上げを妨害するために、いくつかのマルウェアを北朝鮮のミサイルシステムのコンピュータに植え付けた可能性があると推測している。 CIAがStuxnetをイランの核施設に注入して、コンピュータシステムを壊滅させるのと同じように可能である。これは、北朝鮮のミサイル計画がインターネットに接続されていないため、難しいだろう。北朝鮮のほとんどがインターネットや電気をほとんど持っていないのと同じように。北朝鮮のミサイル計画の中で、マルウェアを物理的に移植する代理人を取得することは、さらに疑わしい前提です。体制は、携帯電話を持っていることが疑われる人は、いつも殺している。米国の代理人を「隠れ家の王国」のミサイル司令部と制御システムに十分に近づけることは不可能に近いだろう。 James Bondの場合でもはるかに可能性の高いシナリオは、それが空中のレーザーシステムによる軌道のブースト部分で空気から撃たれたということです。

ボーイングYAL-1空中レーザーテスト747は、改造されたボーイング747胴体全体を取り上げた化学酸素ヨウ素レーザー(COIL)を使用していました。キロワットクラスのレーザーでは、主レーザーを発射する前に、それをターゲットとし、大気をテストするために主レーザーを使用しました。天文学者が使用する技術であるアダプティブオプティクスを使用して、大気の歪みの影響を打ち消すようにレーザーを調整します。システムのビジネス終了により、航空機の鼻から高出力レーザーを撃つ。強力なレーザーをミサイルの側面に向けて発射して爆発させることで、何マイルも離れたターゲットを打つことができます。飛行のブーストフェイズでミサイルを破壊するのに十分なパワーを20発発射するのに使用されます。この武器システムは2004年に最初にテストされました。ボーイングYAL-1は、2011年に引退するまで、1回の実験でブーストフェーズで2つのミサイルに従事しても、成功したテストを実施しました。それを打ち上げた国の核のペイロードを問題のままにすることができます。また、ロケットが常に爆発し、この技術を守る国に行動を固執させるのは難しいため、それは妥当な否定性の余地を生む。ボーイングYAL-1のための退役は、それが単なるプロトタイプであり、学んだ教訓が将来の空中レーザシステムに適用されることを意味する。このデモンストレータで開発された技術は、後で無人機に適用されます。

米国政府は、何十年もの間、これらの空中レーザシステムを公に実験してきた。レーザー技術はその時以来急速に改良されてきました。化学レーザーを使用しなくなりました。ほとんどのシステムでは、はるかに小型で強力なソリッドステートレーザーが採用されています。 YAL-1空中レーザーは、55キロの重量に対して1キロワットのレーザー出力を発生させた。新しいソリッドステートの空中レーザーは、35kgあたり1キロワットの電力を供給することができ、重い化学薬品を搭載する必要はありません。はるかに小さいエアフレームがシステムを運ぶことを可能にする。おそらく、サイクロトロン機のような飛行時間が長く、レーダーで見ることができない機体を使用しています。人間のパイロットに危険を冒さずに長時間にわたって敵の国に滞在することができます。ソリッドステートレーザーは、航空機エンジンからの電力を消費します。空中で給油できる限り、弾薬は無制限の雑誌です。軍隊は地上のレーザーシステムとAC-130貨物機を使用して、致命的なレーザーストライクと群衆制御のための非致命的な痛みを提供しています。レーザー兵器も戦闘機での使用がテストされています。指揮されたエネルギーマイクロ波ライフルは、現在、セキュリティ機関によって採用され、スーパーボウルに他の大きなイベントを脅かす可能性のある誤ったドローンを取り除く。何百万という人生を守るためにこの実績のある技術を使用してみませんか?これらのタイプの武器は、ブーストフェーズでミサイルを落とすために使用される可能性が最も高い。世界はちょうどデモンストレーションを見たかもしれません。【仮訳終了】



a:558 t:1 y:1

コメント


認証コード9659

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional