ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

モアブで爆撃されたトンネルは嘗てCIAに依って建設!

モアブで爆撃されたトンネルは嘗てCIAに依って建設!

序の餅にCIAグローバリストを叩いた格好である・・・。
モアブは間違いなく北朝鮮への威嚇、
それ以上に中国に対する威嚇である・・・。
南沙諸島の海軍基地などこれで一発である!
はっきり言って、
中国は今ではしっぽを巻いた狗(いぬ)である。

 

シリアへのトマホーク攻撃以来、

トランプ大統領に対する評価が揺れ動いている・・・。

しかし、

全くそうは思わない。

はっきりしているのは、

爾来、

主要メディア(Main Stream Media)と就中、

共和党のネオコン一派のトランプ批判は鳴りを潜めた。


<拉致工作員辛光洙と共にいる金正恩>

 

つまり、

これは一種の政治的妥協の産物である。

序に北朝鮮・中国に対する威嚇を行ったものだと考える。

事実、

ロシアを訪れたティラーソン国務長官は、

シリアに対するあれ以上の攻撃はないと断言した。

トマホーク59発中命中は23発・・・。

シリア空軍基地の20%を破壊とあるが、

見方に依ればたった20%しか破壊していない。

しかも、

広漠たる砂漠の「田舎空港」である。

 

そして、

今般のモアブの爆撃はダーイシュ(IS)以外は誰も居ない

元はと言えばCIAが建設した要塞である。

地元住民も、

「ISに家を制圧され、わたしたち家族は他の場所に引っ越した。

あのエリアに住民は1人もいない。

(元々住んでいた)家は壊されてもいいから、ISを追い出してほしい」

とまで言われているのだから、

爆撃地点は正解である。

 

 

結果論であるが、

共和党と政治的妥協を計りながら、

北朝鮮・中国をそれとなく威嚇する。

返す刀でCIAの申し子のダーイシュ(IS)根拠地を

モアブの実戦使用に及ぶ・・・。

中々の芸当である。

 

 

要するに、

トランプはぶれてはいないのである。

北朝鮮を力でねじ伏せるだろう。

アメリカの覇権が揺るぐと世界は少なくとも混乱をする。

これは歴然たる事実である。

特に中国(中共)の覇権進出は目障りも甚だしい。

トマホークでビビるのは北朝鮮だろうが、

モアブで一番ビビったのは中国(中共)であろうと思われる。

 

南沙諸島の無人島海軍基地などは、

まさしく、

「張り子の虎」と化した。

元々、

中国(中共)そのものが「張り子の虎」であることが露呈した。

一発17億円だといわれる

モアブ(MOAB - Mother of All Bombs GBU-43/B)で消滅する。

 

これは未確認の情報であるが、

北朝鮮国境にはロシアの防空部隊と、

中国(中共)軍がやはり集結している様である・・・。

北朝鮮攻撃となると、

中露米が共同して当たるということか?

暴れん坊の金正恩も四面楚歌である・・・。

Russian and Chinese Military Assets Moving Toward North Korea Border

 

【転載開始】

Picture
By Jack Burns

As The Trump administration is flexing its military muscle, having stood up to Syria and its ally Russia, and while it’s now relishing in the news it has dropped the nation’s largest most-powerful non-nuclear bomb on a cave complex in Eastern Afghanistan, one critic was quick to point out one little-known fact. Wikileaks tweeted a simple but true statement concerning the origin of the cave complex the Americans are so proud to have reportedly destroyed. “Those tunnels the U.S is bombing in Afghanistan? They were built by the CIA,” Wikileaks tweeted.
 
Linked to the tweet was a New York Times article from 2005, which described a similar cave complex in detail, and added a few additional details worth noting. “Tora Bora” as it’s known, contains “fortified caves” which are reported to contain, “miles of tunnels, bunkers and base camps, dug deeply into the steep rock walls.” The tunnels were built by the “C.I.A.”, with the help of the Bin Laden family, who constructed the complex.

Also jumping in on the mockery of the Trump administration is Edward Snowden, who tweeted, “The bomb dropped today in the middle of nowhere, Afghanistan, cost $314,000,000.” And in a follow up tweet, also said, “Those mujahedeen tunnel networks we’re bombing in Afghanistan? We paid for them.” He, too, linked his tweet to The NY Times article mentioned above. Apparently, the ant farm network of tunnels built by the CIA can now be destroyed by the American military in yet another pseudo-show-of-force meant to make the Trump administration seem tough on Syria, ISIS, and Al Qaeda.


Read the rest at The Free Thought Project
【転載終了】


【Google仮訳開始】※一部修正
WikiLeaks:アメリカがちょうど爆撃したアフガニスタンのトンネル - 「それらはCIAによって建設された」

2014年4月14日

ジャック・バーンズ

トランプ政権がシリアとその同盟国のロシアに立ち向かい、軍事筋を揺さぶっていると同時に、ニュースでは盛んになっているものの、アフガニスタン東部の洞窟群には、批評家は、少し知られていない事実を指摘するのが速かった。 Wikileaksは、アメリカ人が伝えたところでは破壊したと自負している洞窟の複合体の起源に関する単純で真実な声明をつぶやきました。 「米国がアフガニスタンで爆撃しているトンネル?彼らはCIAによって建てられた "Wikileaksはツイートした。
このツイートには2005年のNew York Timesの記事が掲載されました。この記事では、同様の洞穴の詳細を詳しく説明し、注目に値するいくつかの追加情報を追加しました。 「Tora Bora」は知られているように、「岩石の壁に深く掘られたトンネル、バンカー、ベースキャンプの数マイル」という「要塞洞窟」を含んでいます。トンネルは「CIA」によって建設されました。この複合施設を建設したビンラディン家の助けを借りて、

また、トランプ政権の嘲笑に乗っているエドワードスノーデンは、「今日はどこでも、アフガニスタンの爆弾は3億3,000万ドルの費用がかかった」とつぶやきました。フォローアップのつぶやきでは、「ムジャヒディンのトンネルネットワークアフガニスタンでの再爆撃?私たちはそれらを支払った」彼はまた、彼のツイートを上記のNY Timesの記事にリンクした。明らかに、CIAによって建設されたトンネルの蟻の農場ネットワークは、トランプ政権をシリア、ISIS、およびアルカイダに厳しいようにするための、もう1つの疑似兵力で米軍によって破壊される可能性があります。

The Free Thought Projectで残りを読む

【Google仮訳終了】



a:574 t:2 y:1

コメント


認証コード3539

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional