ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

米国エリート(貴族)政治のパニック・・・!

米国エリート(貴族)政治のパニック・・・!

今頃気づいてもう遅い!
と言ってやりたい・・・!
ドナルド・トランプ次期大統領は本気である
本気で革命を起こす気でいる・・・!
本当は第二次独立戦争である・・・。
パラサイト(寄生虫)駆除独立戦争である!

 

独立戦争であるから、

名誉の戦死も念頭にはあるだろうから、

その準備は万全にしているはずであろう。

というより、

覚悟の上であろうと思われる。

大事なことは、

独立の成果とその体制の確立がさらに重要な問題だ。

 

つまり、

米国を蹂躙してきたパラサイト(寄生虫)の完全な駆除である。

そして、

駆除の後のアメリカ再興の確かな布石であろう。

それさえ出来れば、

第二次独立戦争は成功であると考えているはずだ。

 

何とかトランプ次期大統領に取り入り、

その場しのぎで数年間(最長8年間)やり過ごして・・・云々

と考えている向きには大きな誤算が生じるだろう。

同時に、

何とか邪魔盾して、

トランプ革命を実体無きものとしようと考えている勢力もあろう。

例えば、

マスコミメディア等である。

これも誤算である。

1月20日を越してみないと分からないが、

根こそぎ改革が始まると、

メディアそのものの改組まで行くだろう。


<ISISはアサド体制崩壊の為にCIAが創ったと自白・・・何で今頃・・・?!>

 

これは日本も余波を免れない。

今の日本は、

宗主国アメリカが大きく変わりつつあるが、

その全貌を知る者は少ない。

昨日に対して少し顔ぶれが変わったぐらいにしか

考えていないか、

その内元の木阿弥になると考えているかとしたら

大間違いだろう。

 

米露修復が行われば、

中国封じ込めに入る。

これは間違いないだろう。

これに米露は協力するということであるから、

中共崩壊も視野に入る。

 

NATO解体もあるかもしれない。

NATOは冷戦の遺物であって、

東西冷戦が解体すれば無用の長物であった。

それが残ったのは、

まさにNWOのための世界軍としての布石である。

これにEUが分離崩壊すれば、

その存在意義は全くなくなる。

 

アメリカ第二次独立戦争と言うのは

それだけの意味があるのである。

それは何故か?

アメリカ社会・政府はパラサイト(寄生虫)支配にあったのであり、

独立というのもそうした勢力の駆逐を意味する。

単なる政治改革ではない。

政治会派・イデオロギーの争いではないのである。

独立のための戦争・・・。

武器なき戦争が始まっているのだ。


<そりゃー反発する訳だ・・・! 同じ仲間だ!>

 

いわゆる政治貴族を弄んでいたエリートが

パニックを起こすのは当然の話だ・・・。

それがもうすぐ始まる。

駆除される者たちのパニックが見ものである。

恐れ戦くエリート(政治貴族)は実は犯罪者集団でもある。

 

【元記事転載開始】 

Eric ZUESSE | 08.01.2017 | WORLD

US Aristocracy Panics that Maybe Trump Is Serious

On January 2nd, the U.S. Republican Party’s Wall Street Journal headlined «Tensions Within GOP Rise Over How to Handle Russia», and reported that the policy toward Russia by the incoming Republican President Donald Trump is being opposed not only by Democrats in the U.S. Congress, but also by some Republicans, and perhaps even by enough Republicans to jeopardize confirmation of his nominee for U.S. Secretary of State, as well as some nominees for other crucial diplomatic and military positions.an

≪後略≫【元記事転載終了】

【Google仮訳開始】※一部修正
エリック・ズーズ|
08.01.2017 |世界
米国貴族政治パニック・・恐らくトランプは真剣です

1月2日、米共和党党首のウォールストリートジャーナルは、「GOP内の緊張がロシアをどのように対処するか」を掲げ、入党共和党大統領ドナルドトランプによるロシア政策は、米国議会の民主党だけでなく、一部の共和党員、おそらくは共和党員たちによっても、米国国務長官のための候補者の確認を脅かすだけでなく、他の重大な外交的および軍事的立場のための候補者も危険にさらされている。

そのニュース・レポートの主要な洞察的な一節は、「共和党内でロシアに目にしたことは、ある意味では、アメリカの政党内の全面的な再編の兆候だ」マシュー・ロハンスキー(Matthew Rojansky)ケナン研究所に拠点を置く。 「これは私たちの政治体制で今起こっている非常に重要なことを語っています」»

トランプは、国内政策が民主主義によってはるかに党派的に反対されているにもかかわらず、彼の外交政策に関して両当事者に大幅に反対されており、彼の国際的イニシアチブよりも議会通過の機会が多い。共和党の国会議員の内政政策を支持し、共和党が上院と下院の両方を支配しているからだ。

«アメリカの政党内の全面的な再編»は、実際には外交政策の分野でのみ再編成されている。リチャード・ニクソン時代以来、「共和政外交」と呼ばれていたことは、「新世代主義」と呼ばれています。ロシアにとってはロシアとの共産主義に対する厳しい言葉ですが、現在は民主主義者はほぼ確実にネオコンであり、一部の共和党員は実際にネオコンを非難して共和党大統領に加わっている。

トランプは一般的に国内政策声明で「保守的」と呼ばれているが、彼は外交に関して、民主党の前任者であるバラク・オバマ大統領よりも進歩的である可能性がある。これは両政党の米国貴族を恐ろしくする。米国の貴族(共和党員とその民主党の両方)は堅実に新保守主義的な立場に立っているからだ。これは事実上、トランプに対して統一されているからだ。

米国の貴族主義は、主要なアメリカ企業だけでなく、すべての有力な「ニュース」メディアと、それぞれの「ニュース」メディアを支配しています。ドナルド・トランプの米国大統領の共感と嫌悪感は、彼自身もそうであっても明らかです。彼のスチュワードシップの下で米国政府に何が起こるかは誰も知りませんが、ほとんどの他の貴族の間の恐怖は、おそらくトランプが「民衆主義的」政府を望んでいるだけでなく、意図。結果的に恐れている:革命、特に貴族にとって最大の関心事である政策(国内政策以上である)であるアメリカの外交政策を変革する革命は、彼ら自身のクラス?アメリカの2大政党、共和党と民主党の間にまだ残っている単なる表情(修辞的)の区別よりもはるかに有意義な方法で、支配階級(米国では千人ほど)

アメリカの古いイデオロギー的政治連合は完全に崩壊してしまった。その理由は、過去数十年間、事実上全会一致のアメリカの億万長者と億万長者によって左右の両方が舞台裏で管理されていたからである(米国がこれらの問題について一党政権を持つように)いくつかの政策問題は、これらの重要な問題についての米国貴族の間で、特にイデオロギー的な共産主義に対する冷戦を継続することについての重要なイデオロギー的異議はなく、純粋にロシアに対する国家主義とますます熱い戦争は、米国自体がおそらくそうではない(しかし実際にはロシアや世界の他の国よりもそうであり、内部のみを除いて広く認められているような邪悪で帝国主義的な国家である貴族の「ニュース」メディアが、アメリカが世界で最も攻撃的な国であるという事実を、彼らが支配する土地についてのこの醜い国家主義的な事実を隠している米国自体。

米国の超富裕層は、2003年のイラク侵攻や、2014年に民主的に選出され、モスクワに優しいモスクワ大統領を転覆して置き換え、シリアでのジハード派の援助など、シリアのロシア世俗政治を打ちのめす。アンジェラメルケルを含むすべての西洋指導者の電話でタップし、世界中のサイバー侵攻を全般的に練習している - しかし、彼らとその代理人は、ロシアがアメリカよりもさらに悪いことをしていると主張し、 「米国政府は、米国が実際に世界の他のどの国よりもはるかに多いことをしていると言われている。

ヒル・クリントンを犯罪(実際にはオバマ政権の下では決して調査されていない)で逮捕したり、貴族の法的免除を保護したりすることはないと言っているなど、アメリカの貴族を脅かす多くの事柄について、両政党の貴族達には不可欠です)、ロープとの関係を改善する意向について、トランプは今でもホワイトハウス に入る数日前には逆転していませんでした。

ロシアにとってさらに敵対的になることは、米国の貴族主義のほぼ全面的な目標である。彼らはこうして彼の「ニュース」メディアに反抗している。そして、彼はこれを嫌うまで、そして前に比べていつもより熱くなるまで、彼の大統領を傷つけようとするのを止めないだろう。ロシアに対する「冷戦」:オバマ大統領が行っていること(クーデター、侵略、制裁など)を超えて、ロシア政府の同盟国をアメリカ政府の同盟国に置き換え、ロシアを分離し弱体化させることを目指す最終的にはロシア自体を引き継ぐことになった。

冷戦初期、アメリカの共和党と彼らの「ニュース」メディアは、特にソ連との戦争を増強することを主張した。しかし、今や、ロシアに対する純粋な国家主義戦争では、それは民主党の政治家や、特にロシアを征服するのが激しい「ニュース」メディアだ。フォックス・ニュースのような共和党の「ニュース」メディアは、民主党の「ニュース」メディアがようやく政治的役割を変えたように、もはやそれに執着していないロシアに対して、

したがって、民主党のワシントン・ポスト紙は、例えば、嘘を指摘している少数の独立した西洋のニュースメディア(とりわけ暴力団)に対して、偽の「ニュース」の話を広めるなど、米国のロシア征服を奨励するためにできることをすべてやっているこのようなメディア巨人の中で、ロシアに対して)共和党の「ニュース」メディアの中には、アメリカの貴族たちに大きな関心を寄せているこれらの問題について、民主党の「ニュース」メディアの詐欺について深く実際のニュース報道を行っているところもある。

この現象の優れた例は、新年の日には、ビデオ«Demsは、ロープを止めるためにロシアとの戦争を望む»と関連する調査のニュースレポートを特集した、右翼民衆のアレックスジョーンズの様々な「ニュース」メディアによって提供されています彼らのミカエル・タレン氏は、「ロシアとの戦争」 - 民主党(そしていくつかの共和党員)のためのWPの嘘宣伝を公開して、基本的にはオバマの非主張主張を促進することになっている「ロシアのハッキング」はアメリカの「民主主義」と米国の国家安全保障の両方にとって危険であるとの見解を示した。

「ロシアとの戦争」ビデオ(5:00-)は未来派のジェラルド・セレレンテを紹介している。自由主義民主主義者たちは、証拠が全くないと言っているが、ヴァーモンタースやすべてのアメリカ人は警戒し、 »1950年代の共和党のジョセフ・マッカーシー(Joseph R. McCarthy)氏は、イデオロギー的に非政治的な立場を取っていますが、世界の主要な犯人、ウラジミール・プーチンは、私たちの生活の質、経済、健康、安全を支えるために頼っている電気グリッドをハックしようとしています。ドナルド・トランプ共和党大統領に共和党大統領(共和党大統領)が敗北したという伝統に加わろうとする米国貴族政治の一環として、自由民主党の姿で(今は「民主党」であるべきか)ハーバート・ウォーカー・ブッシュは1990年2月24日、ロシアをアメリカの敵とみなし、アメリカの敵ではなく共産主義であるとした。

これらの人々は、単に他の人の血を十分に引き出すことはできません。ブラムストーカーは現実がストーカー自身の伝説の吸血鬼を比較して天使のように見せてくれるグールを作り出したことにショックを受けたかもしれない。
ウィル・トランプはストーカーのヒーローであるアブラハム・ファン・ヘルシングの役を演じるか、その代わりにヴァンパイア自身の一人になります(アメリカの大部分、そしてそのほとんどが「ニュース」のメディアが要求しています)。【Google仮訳終了】



a:1219 t:3 y:3

コメント


認証コード4772

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional