ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

やっぱり、オウム事件の背後はCIAだった!by 池田整治

やっぱり、オウム事件の背後はCIAだった!by 池田整治

オウム真理教事件程数奇な事件はない!
地下鉄サリン事件が発生した時、
これはオウムの仕業だと感づいた者は少ない・・・。
何故か、即直感した・・・。
仕事中の同僚は「どうして?」と訝った!

 

その理由は、

うまく説明できないが、

オウム真理教がとてつもない邪教であることは知っていたからだ。

坂本弁護士事件、

刈谷さん拉致事件はオウムであるとの確証を得ていた。



邪教即カルトとまでは認識していなかったが、

典型的なカルトであったのだ。

のみならず、

今でこそはっきりしているが、

邪教に背乗(はいの)りした諜報カルトであった。

1995年3月20日のことである。

 

 

それが当時陸上自衛隊作戦参謀であった

池田整治さんの口から明かされる。

やっぱりな!

というか、

それ程に緊急事態であったとは・・・?

と言う感じである。

 

「FACT2016」05 ベンジャミン・フルォード×リチャード・コシミズ with 池田整治2016.5.27

 

今も、

オウム真理教の麻原教祖は死刑判決にも拘らず生かされている。

麻原は、

結局利用されたのである。

祭り上げられて、

利用されたのであって、

本当の正体はCIAに指示された統一教会の要員で、

それに北朝鮮の工作員も加わった大規模な国家転覆事件だったのである。


だから、

口封じに村井秀夫は殺された。

しかも下手人は、

当時、山口組傘下の後藤組員である。


 

当時、

盛んに阪神淡路大震災を人工地震と吹聴していたオウム真理教。

CIA、北朝鮮、統一教会、オウム真理教とつながれば、

いずれの根拠も符合するのである。

キーワードは麻薬・覚醒剤、そしてテロである。

決して、

麻原教祖が霊能力を発揮した訳ではない。

諜報能力を発揮したに過ぎない。

 

そして、

マインドコントロールでも勇名をはせた。

マインドコントロールの元祖はCIAである。

今でこそ言えるが、

オウムテロがCIAテロの元祖みたいなもので、

失敗したが、

現在のアルカイダ、タリバン、ダーイシュ(IS)等に引き継がれている。


 

今も麻原は生かされているが、

おそらく薬漬けの状態ではあるまいか?

余計なことをしゃべられては困るのである。

残党は、

今も潜伏している。

 

オウム事件は、

あの時終息したのでは決してない。

上九一色村の施設は即座に解体されたが、

本来ならば、

貴重な証拠物件であるから十分な調べをするべきであった。

それをしなかった。

都合が悪かったのである。


 

誰がか?

警察内部に関係する部署である・・・。

それしか考えようがないではないか。

 

いずれにしても、

新たな突破口を求めて雌伏している存在がある。

これが日本の一つの闇である。



a:3228 t:3 y:5

コメント

  • オウムイムナルティで石屋とCIAと統一協会との三角関係という意味がわかりません

    たぶん、北鮮というよりは韓国で、CIAというよりはKCIAという方が昭和期からの繋がりで行くとスムースに思えます。
    ネット上で石屋ってお墓屋さんのことですか?
    なんだか、韓国系の人の得意な言葉の目くらまし理論って感じがしないでもない?


  • やめカルト


    上のコメントの人へ

    「やめカルト」という動画を見るとよく分かるかもしれません。
    石屋とはフリーメイソンのことでしょう。
    フリーメイソンサインで画像検索すると悪巧みしている連中がそのサインをしています。

    サリン事件については日野原重明が前もって知っており関わっていたのではないでしょうか。

    聖路加大学の日野原重明は長州の被差別部落の出身で731部隊の人で
    飛行機のハイジャック事件にも必然搭乗していてあらかじめサリン事件の最寄り駅であらかじめロビーを広く拡張していたということです。

    「悪の巨塔・日野原重明【RAPTブログより】VOICEROID」という動画を見ると日野原重明については分かりやすいです。



認証コード1350

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional