ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

エロラ渓谷の秘密地下都市、トルコにも・・・

エロラ渓谷の秘密地下都市、トルコにも・・・

世界には地下都市の痕跡が多数ある・・・。
その一つ、
トルコで2万人収容できる地下都市が見つかった!
インドのエロラ渓谷の地下都市は、
到底、人間が侵入するには狭すぎる?!
エイリアンの構築物か?

 

地下都市は世界中一体どれだけの数があるのか?

真相は掴めないが、

少なくはない。

全部含めると、

夥しい数に上るものと想像する。


 

各地に発生するシンクホールは、

これに無関係とは思われない。

そして、

その中に住まう生命体が現在も多数存在するというのが、

素直な洞察である。

それはレプティリアンかどうかは定かではないが、

単純に考えて、

変温種である爬虫類は地中を好む。


 

それに対する駆逐作戦が行われていると聞く。

その際、

シンクホールとして陥没現象が多数散見される?!

そういう流れは穿ちえるものがある。

昔から、

ナーガとか龍とか、

今で言うところのレプティリアンであろうと思われる。

それが地上では、

量子ホログラムでほとんど人間の姿を取って顕れるというから、

始末が悪い。

 

因みに、

量子ホログラムというのは、

全ての物質は、突き詰めると量子に行き当たるから、

所詮、宇宙は量子ホログラムという考え方がある。

量子は、

粒子であり、

波動であるが、

その種類・形態は無数とも言える状態がある。

それらが互いに繋がってさまざま物質形態をとる。

物質以前の状態もある。

それらは素粒子と呼ばれるが、

未だ謎が多い。


 

何故、特定の素粒子、そして、特定の物質になるのか?

メカニズムは知れていない。

だが、

やがて明らかになるだろう。

重要なファクターは、意識する何かであり、

その意志がエネルギーとして作用し、

ホログラムとして立ち現れるだろう。

 

レーザーホログラムは、

人間がテクノロジーを用い、

空間に恰も立体モーションピクチャーを繰り広げることだが、

それに似たように、

実体として立ち現れるテクノロジーが存在するはずである。

それはそう遠い話ではない。

 

その能力は、

人間に備わっており、

勿論、テクノロジーとしても生みだされるだろう。


 

地下には、

知られていない無数の地下都市や地下基地があると思われる。

その一端が、

発見されたということであるが、

実は、発見されたのは1960年代で、

隠蔽された事実が今顕れているということだ。

何故、

隠蔽されたか?

それが問題だ・・・。

 

Secret Underground City of Ellora Caves - Ancient Aliens In India?

 

【転載開始】


2016年05月27日 13:51

専門家も見たことがないフレスコ装飾の古代キリスト教の教会が発見された。5世紀のものと見られる。

古代ビザンチンのネヴシェヒル市で発見された。そこには敵の攻撃時に2万人が隠れることができる地下都市があった。研究で、地下都市が早期ビザンチン時代から積極的に利用されていたことが分かった。

教会も地下にあった。現在のところほぼ完全に土で満たされており、考古学者は構造の上部を発見したのみ。ヒュッリイェトデイリーニュースによると、初期キリスト教時代のユニークなフレスコ画も発見されている。

【転載終了】

 

 



a:1495 t:2 y:1

コメント


認証コード5816

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional