ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

メディアが勧める脳を食べるワクチン・・・

メディアが勧める脳を食べるワクチン・・・

ワクチンキャンペーンの本質!
それは人間を奴隷化する目的と、
人口削減計画にある!
不妊化は後者であるが、
今回は、
人間ロボット計画である!


 先の『どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな!』の拙稿も、書いた本人も驚いているが、人間ロボトミー計画にも、さらに驚く!


 向精神薬は、本質、狙いは同じであろう。さらに、生物兵器としてワクチンにも混入されという事になると、その際限は知れない。


 何ともおぞましいとしか言えない。


 こういう事には、怒りを感じて当然であるが、その怒りさえもコントロールしようと考えるのは、まことに偏執的というか、どこまでやるの? という、呆れた思いを禁じ得ないのだ。


 少しも成功していないとはいえ、彼らの人口削減計画は、世界人口10億人(あるいは5億人)というのが、まことしやかに囁かれているが、あれは本気であろう。


 地球を乗っ取る気でいるのである。しかし、適度な奴隷人間を必要とする、という実に勝手気ままな計画である。そんなことを許されるか?!


 まあ、豚インフルエンザ来、ワクチンキャンペーンは引きも切らずであるが、その間、警告にも拘らず、多くの人々がその毒牙に掛かった。それは事実であるので、今改めて、そのことを思い起こすべきである。


 子宮頸がん防止キャンペーンなど、その典型で、そのワクチン接種などとんでもない話である。ワクチンが効くはずがないことは、とっくの昔に明らかであるにも拘らず、その倍する危険性を顧みず接種を受けて、数百人の少女たちが、再起不能の重度の障害を負っているのである。

32fdf105db8d14f611ef010fd0c20696



 さすが、厚労省もその推進にブレーキを踏んだが、いまだに回し者たちが推進を叫んでいる。今はブレーキ中だが、WHOに押されて再開するだろう。


 この人たちは、まさに無知蒙昧か、回し者である。無知蒙昧であることを祈るが、回し者であるとすれば、言語道断、裏切者である。国民に対する裏切り、民族に対する裏切り、人類に対する裏切者である。


 その名は、割愛するが、正常な状態であれば、これに大いに怒らなければならない。そうでないと、怒りすらコントロールされて、人間ロボトミーにされてからは遅いのである。


メディアが勧める脳を食べるワクチン... ナノテク注入 ロボトミー

Redskins Cheerleader Crippled From Flu Shot. Dystonia ( Disease) <再掲>

子宮頸癌ガーダシルワクチンに発見された新しいバイオハザード

error - #fb_pagebox: no facebook page url



a:2178 t:1 y:3

コメント


認証コード6003

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional