ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

「アンネの日記」毀損事件について・・・!

カテゴリ:NWO

「アンネの日記」毀損事件について・・・!

「アンネの日記」そのものが、
偽造された疑いが捨てきれない!
ホロコーストの印象操作のためである!
そして、
今、反ユダヤの炙り出しに、
関連図書の毀損事件が起こされた?!
と見るのは、
正統な観点である!



 対立と分断統治のために、何でも在りなのである。そうでないなら、こんな事件は起こりようがないのである。

F67bd9b6



 残念ながら、ユダヤ人迫害事件は、同じユダヤ人(偽ユダヤ人)が画策したものである。何のためにそうしたのか? ユダヤ人をヨーロッパから追い出して、イスラエル帰還を促すためだった?!


 そうして、ユダヤ人問題を世界問題に格上げし、紛争の種火とする事であった。事実、中東問題は、世界の火薬庫として立派に成長した。第3次世界大戦が勃発するとすれば、ユダヤ=イスラムの虚構が準備されたのである。


 そして、今、又、俄に日本の地に於いて、ユダヤ人問題がクローズアップされる。ほとんど関心がないユダヤ人ととホロコースト問題が、試金石のように登場させたわけである。日本は正統ユダヤ人の集積地である。

Century0267

Soukakomatta

 


 そこにユダヤ人問題を焚きつけるのは、反ユダヤ人としてレッテルを貼って、偽ユダヤ人政策に反旗を促す人々を炙る出すためである。偽物が、本物に対抗しようとしているから、チャンチャラ可笑しいのであるが、ひょっとして、日本から正統ユダヤ人の証拠が出そろう局面が出現しそうだからであろう。(この事については、後日、追い追いと・・・)

1308_8




 偽ユダヤ人というのは、ユダヤ教に改宗したコーカサス地方のカザール(ハザール)人達の一部だ。白人である。正統ユダヤ人は、白人ではない。イエスは白人ではない。


 序でに書いておくとすれば、聖書の旧約に「ゴイム(奴隷)」思想はない。選民思想はあるかも知れないが、「ゴイム(奴隷)」思想は、タルムードなど、偽ユダヤ人が捏造したものである。


 偽物は、偽物を証拠に、偽事実を正当化しようとする。ホロコーストもそうなら、「アンネの日記」もそうである。こう言う類を、偽善者というのである。偽善者は、自作自演を本命として、勝手に問題を作り出す。9.11もそうなら、それ以前のクロアチア戦争も、湾岸戦争も挙げるに暇はない。

Da1263cas




 そもそも世界大戦からして、そうである。何としても第3次世界大戦を起こしたがっている。火種は多いに越したことはないから、中東でも、極東でも、ウクライナでも良いわけである。


 その手に乗らないことだ。


 「アンネの日記」など、今頃、そう読むものは少ない。どこかの工作員の手によるものであろう事は、素人でもすぐに察しが付く。


「アンネの日記」関連書籍破損被害 東京の5区3市で300冊超える(14/02/22)



【転載開始】2014年2月22日土曜日                  

 アンネの日記破損事件はユダヤの自作自演劇 反ユダヤ勢力吊るし上げの始めの一歩



このアンネの日記破損事件は、あの第二次世界大戦前のドイツで、隠れユダヤ勢力のナチスによって、ユダヤによって出版された本を山積みにして燃やした事件を思い出させますね。「本はすべてユダヤによって書かれたプロパガンダだ!」と隠れユダヤ勢力のナチスは山積みの本を焼いた。そう、あれは自分達がユダヤ勢力にも関わらず、反ユダヤ勢力の振りをして本を焼いたのだ。つまり自作自演。
 
リチャード輿水先生にCJA(隠 れユダヤ協会)から送られた手紙によると、ナチスはユダヤ勢力であった。だからナチスというユダヤ勢力は、ユダヤ人を虐殺してはいないし、ホロコーストは 存在しなかったと手紙に書いている。そしてナチスの強制収容所のガス室で殺されたのは、ユダヤ人達ではなく、反ユダヤの人々だったのだ。
公開されているCJAユダヤ組織からリチャード輿水先生に送られた電子メール
送信者 : Malachi Cohen <cjaoperative5763@yahoo.com>
日時 :  2006年11月12日 12:36
件名 : Silence
Shalom, Koshimizu-san.
シャローム コシミズさん
私の部下の一人が、貴殿が私のメールをホームページで公開していると教えてくれた。これは受け入れがたい
事 実であり、貴殿に対して行動を起こすことになる。これには、因果関係がある。貴殿は、このメールを貴殿のサイトに掲載することを許されない。今回が貴殿が 行為を取りやめる最後の機会だ。このメッセージに解答してくれ。貴殿がユダヤ人に対する名誉毀損を止め、我々がドリーデル・ヤムルケ作戦の継続を可能にす るのであれば、我々は貴殿が生存することを許す。もし、貴殿が我々の大義の毀損(?)を止めないのであれば、貴殿は、生涯、自分の命の心配をすることにな る。貴殿が知っているかどうかはわからないが、ホロコーストは、われわれにとっての敵を世 界から一掃するために、ユダヤ人が実行したものだ。そして、同時に、我々に対する共感を得るためのものだった。私は、この事実を貴殿に伝えることによっ て、貴殿が我々のすることに対して誤解を持たないようにししておきたいのだ。コシミズ、覚えておけ。我々は数百万人を殺した。我々が、さらにもう一人殺し たところで、誰も気付きはしない。
私の警告に留意しろ。貴殿のような知的なゴイム(非ユダヤ人)を処分しなくてはならなくなるのは、不名誉なことだ。

Malachi Cohen, Esq.
cjaの宣伝大臣 兼 Fuehrer
 
このコーヘン(ユダヤ人の典型的な名前)さん がリチャード輿水先生に送られた電子メールを見ると、ホロコーストは実際には、ユダヤ人の敵を一掃して殺すためで、ユダヤ人を虐殺したわけではない、と書 かれている。つまり、アウシュビッツなどのガス室で、殺された人々はユダヤ人ではなく、ユダヤ人の敵だ、という事だ。ユダヤ人がホロコーストで虐殺した何 百万人ものユダヤ人の敵を、逆に、ユダヤ人が殺されたと嘘がつけるのは、やはり、ユダヤ人だけだろう。彼らは加害者でありながら、自分達は被害者だと嘘を つく。彼らが創った歴史は、すべて嘘だと言っていい。もし、あなたが世界史の本など持っていたら、今すぐ、ゴミ箱に捨てたほうがいい。
 
 
 
もちろん、子供や若い人々の体は、食用に使われていたに違いない。そして、血は血のワインに加工され、多くの人々を殺した爬虫類人レプタリアン達の副賞に使われた。
 
ホロコーストは、われわれにとっての敵を世界から一掃するために、ユダヤ人が実行したものだ。
 
そう、このアンネの日記破損事件はユダヤの自作自演劇であり、日本で反ユダヤ勢力の吊るし上げをするための始めの一歩だ。今、世界から犯罪者として逃げてきたユダヤ人達が、日本に潜伏している。ビル・ゲイツ、ロックフェラー・ジュニアなどなど。そして、彼等は日本を植民地化し、日本での反ユダヤ狩りを始めようとしている。この自作自演アンネの日記破損事件で、B層の同情をゲットして、「反ユダヤの奴等は皆けしからん!」という風潮を作り、「反ユダヤの様な事を話している人を見かけたら、すぐに警察に連絡ください」などという事になり、ユダヤにちょっとでも都合の悪い様な事をブログに載せたり、話したりしている奴等を安倍の造ったFEMAキャンプにブチ込む。
そのために、CJA(隠れユダヤ協会)が創価学会カルト爬虫類人に命令して、図書館にあるアンネの日記というユダヤの書いたフィクション小説のページを破らせたのだ。
こ のアンネの日記というフィクション小説は、小学生だったら誰でも読まなくてはならない本だと、学校は両親達に連絡し、半強制的にその本を買わせた。私も ちょっと読んでみたが、驚いた事に、小学生には早すぎる性の描写があった。一見、真面目そうな本。でも、いったん本を開いてみると、東スポやらプレイ・ ボーイと変わらない内容の淫らな本だったのだ。ユダヤ達は小学生に、そんな淫らな本を読ませ、性教育をアンネの日記というフィクション・アダルト小説で小学生にしていたのだ。
 



a:1801 t:1 y:0

コメント


認証コード5385

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional