ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

エイズウィルスの嘘・・・ そう、全部が嘘だった!?

エイズウィルスの嘘・・・ そう、全部が嘘だった!?

いやはや、何もかも曝かれる時代になった!
そして、
如何にウソが蔓延しているか?
心して掛からなければならない・・・
昨今のワクチンキャンペーンなんか、
ウソを土台に組み立てられている?!

 

 そう思っておいた方が、間違いない。昨今は、肺炎ワクチンまで登場した。嗤ってしまう。

 

 何種類のワクチンがあるのであろうか?まあ、製薬・医業のタッグ販売促進として、冷ややかに眺めるしかないのであるが、メディアを使っての広告宣伝は、年々、盛んになるばかりである。

 

 エイズについては、未だ、ワクチンも登場していない。それはそもそもエイズウィルスの存在が確認されていないというのだ。エイズウィルスは、希代のウィルス詐欺という事になる。

800pxhivbuddingcolor

<????>

 

 これはワクチン詐欺より、ヒドイ。ワクチンそのものも効くか効かないか、怪しい。あまり効果が確認されていないと言うことで、集団接種は取りやめられた経緯がある。だから、今日は宣伝広告に腐心しているのであろうが、製薬医業のタッグ販売促進だけならまだしも、ワクチンそのものの副反応(副作用)で、多数の犠牲者が出ているのである。

 

 そして、

 

 それ以上の害毒が、ワクチンにはあるとされている。不妊化促進という恐るべき罠だ。こうなるとほとんどワクチン詐欺である。そして、人口削減というジュノサイド(大量殺戮)という、人道上の犯罪である。

 エイズウィルスがそもそもなかったとすれば、ワクチン詐欺よりも空恐ろしい犯罪だ。

 エイズと言うことで、多量の治療薬が施される。そして、ほとんど確実に死ぬ運命にあるのである。エイズで死ぬのか、治療薬で死ぬのか、エイズそのものがないとすれば、エイズを口実の毒殺だ。

 癌を告知されたら、切るか、放射線を当てるか、抗ガン剤を投与される。放射線・抗ガン剤となれば、ほとんどお陀仏だ。いずれも強力な発ガン要素であるから、急激に癌は増殖して数ヶ月か一年以内には死ぬ。

 それと似ているが、それよりもひどい話である。エイズ治療は、直接的な毒殺と言うことになるではないか。

 癌とエイズは、告知されても何もしないことだ。どうせ死ぬのであれば、同じ事である。どうせ、人間は確実に死ぬのであるから、期限を切って死ぬことを約束させられるよりも、天命に生きることの方が得策である。

 悉く、ウソで固められた今の時代、眉に唾を付けて、真偽を見極める必要がある。

 罠に掛かって死ぬより、何もしないで生きる時をしっかり生きることが望ましい。少なくともそれが安上がりであるし、自然である。少なくとも苦しみは、はるかに少ない。

 そう思わされる動画である。


エイズウィルスの嘘(インフルワクチン接種後HIVテスト陽性に?)

「エイズ」の真実

全部が嘘だった!?



a:5009 t:3 y:0

コメント


認証コード4766

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional