ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

泣ける話 【自衛隊】 女子高生の怒り

泣ける話 【自衛隊】 女子高生の怒り

いい話だ・・・
言葉は少なくても、
瞬間に理解出来るものもある!
議論をすればする程、
虚しく、そして、対立が深まるケースもある!
その違いは、いったい何なんだ・・・?!

 

 それは概して言えば、カルトや、思想かぶれや、頑固な爺の優越思想等が、例に当てはまる。結論が決まっていて、全て、その論理を闘争とするからである。

 

 何度も書くが、『ああ言えば、上祐(こう言う)』論である。

 

 それに引き比べて、率直で素直な真実の叫びは、言葉を越えて説得力を持つ。その典型であろうか?

 

泣ける話 【自衛隊】 女子高生の怒り


 又しても、序でに書いておこう。(
飯山爺に対する議論であるから、スルーする人はスルーしてほしい!

 

 議論は、見解の相違があれば、当然の事ながら発生する。正しい、いや、あるべき議論の展開は、先ず、見解の相違点を明らかにすることから始まる。そして、それを出し切り、それについての論駁が始まる。

 

 そして、収束するのが普通であるが、議論すればする程、論点が増大するのは何故か? 論点ずらし始まるからである。負ける論点は、はぐらかし、別の論点を見つけ、それを論ずる。

 

 その繰り返しが始まったら、収束することは先ずない。これを、ピンポイント議論と言うのである。喧嘩議論というのは、こう言う場合が多い。

 

 元々、収束することなど、念頭にはなく、只、勝つことだけに執着しているからだ。

 

 こうなれば、喧嘩でしかない。こう言う議論は、虚しく、疲れだけが溜まる。夫婦げんかにもこう言うケースが多い。議論を装った喧嘩に過ぎない。

 

 こう言う場合、ウソでも妄想でも、何でもかんでもが出てくる。論点がなくなれば、何が飛び出すか分かったものではない。要するに、負けたくないだけである。相手が屈服するのを唯一収束点としているのである。これは議論の収束とは言わない。

 

 単なる勝ち負けの問題だ。

 

 そして、その議論の特長は、ニヒルに嘲笑か、負けそうなケースでは、自己嘲笑ではぐらかす。そして、言葉も醜く、反撃が始まる。そして、哄笑して(を表現して)優越感を示す。

 

 これを端的に表現したのは、言いがかりという言葉である。

 

 どこかで見てきたような風景である。

 

 正しい、あるいはあるべき議論は、相手に納得を求めるものであるから、あくまで言葉は慎重に、そして、柔らかく受け入れやすい言葉を選ぶものである。そして、論点を一つ一つ消し込んで、合意点を見つけようとする。

 

 決して、妥協するのではない。交渉事の場合、行動するという目的があるから、妥協も当然必要となる。それは致し方のないことである。

 

 単なる見解の相違は、妥協する必要はないのである。違いを理解し、認めることで足りるから、相違点が明確になれば、相手は相手、自分は自分であることが明確になりさえすれば、それでよいからである。

 

 人間はそれぞれ違っており、考え方も当然違っても致し方がない。かといって、攻撃はすることは無用なのである。感性も違い、立場も違う。それで、仲良くなれないかと言えば為れるからだ。

 

 そうだろう。男と女は、絶対的に違う。又、ボスと僕は立場が違う。しかし、相互的に補完しあっているではないか? それを忘れて、ボスが僕を攻撃するのは、立場を忘れて、その原因たる自己を卑下している醜い姿である。

 

 女房の悪口を天下に公言する程、醜い男の姿はない。同時に、その逆も同じである。

 

 こうして飯山一郎氏との関わりを俯瞰するに、彼は編集長たる僕を天下に罪状を曝露し、攻撃した。それを彼のブログの読者に対する公益と表現している。取って付けた言い訳である。

 

 事実関係を、あずかり知らないのは読者である。

 

 それを肯定すべく、編集長たる僕の為した転載記事を攻撃対象としたのである。転載対象になった記事のブログ主まで、詐欺だ、一味だと妄想を展開したのである。挙げ句の果て、言論の自由、思想信条の自由が世界の潮流にも関わらず、その内容までも批判している。

 

 批判するのは結構であるが、その動機が見え透いている。見え透いていると言うより、自らが自白しているから明らかである。取って付けた言いがかりではあるが、詐欺だ、一味だ、やれ天皇貶め論だと、下手な論理を展開している。妄想である。

 

 実に惨めである。

 

 私が時折為すオプトインアフィリエイトを、訳も分からず、自分の商品アフィリエイトをさておいて、マルチ(これは彼の眷属の言)だ、ドロップショップ詐欺だと見当違いの妄想を振りまく。

 

 挙げ句の果て、私はズルイと一刀両断する。結構、ズルイと言われようが痛痒だにしないが、何処がズルイか、立証してみろと言いたい、出来ないだろう。

 

 商品が高いだの、彼の商品アフィリエイトが安いだの、不確定要素の値段論理まで為す。高い商品を売るものは、全部詐欺なのか? と問おうものなら、応えられぬだろう?

 

 高い安いは、彼が決めるらしい。5000円は、どう考えても妥当範囲と気が付いて、『微罪』等と取り繕う。値段は不確定なものである。得意な相場で、高いも安いもなかろうものを、本質市場原理の問題であることを棚に上げて、都合の良い、他人の商品にケチを付けているのである。

 

 これがピンポイント論理と言わずして、何と言うのであろう?

 

 これは、もはや頭脳狭窄症である。

 

 挙げ句の果て、『告訴』を宣言することを、恐喝というのであるから呆れてものが言えない。告訴は国民に保証された権利である。権利を主張することは、恐喝になるはずもない。

 

 『警察を呼ぶぞ』と言えば、彼にとって恐喝らしい。そんな分けはないのである。『○×組(暴力団)を呼ぶぞ』と言えば、話は別である。稚児の主張を彷彿させる。

 

 盛んに弱いものイジメと主張する。誰が決めたのか? 彼に泣きついてくる者は皆、弱い者であるつもりらしい。彼から去る者は、『貴様!』となる。

さらに、与える、奪う、を力説する。自らは与える者、攻撃する相手は奪う者という断定、妄想である。彼は何を与えたのであろうか? 聞いてみたい。盛んにブログに記事を書き、読者が増えたから、与えた気分なのであろうか? 

 

 電話応対を丁寧にするから、与えた気分であろうか?

 

 はたまた、高説を垂れるから、与えた気分であろうか? 見当違いも甚だしい。世間では、書き手にとって、読者こそ神様である。商売人は消費者こそ神様ではないのか? 只で商品を配りでもすれば、神様と誤解されるであろうが、これも又、誤解である。

 

 それをするなら、喜捨したか? 喜捨は、仏弟子の修行であって、仏弟子は神様ではないのである。だから、与えるのは、必ずしも神様ではないのである。

 与えることを学ぶことは、神の恩寵なのである。それ故、相対界に於いて、商人は商品を売るが、便宜を与えているのであり、それを承諾し、納得すれば、消費者から感謝を与えられるのであって、それが成立すれば、互いが神様なのである。

 僕を攻撃し、関与するブロガーを攻撃することが、与えることか? 見当違いも甚だしい。

 以上、取りあえずの議論でした。(ピンポイント論理対する議論) お次は如何に? どうぞ!

いい話だ・・・
言葉は少なくても、
瞬間に理解出来るものもある!
議論をすればする程、
虚しく、そして、対立が深まるケースもある!
その違いは、いったい何なんだ・・・?!

 

 それは概して言えば、カルトや、思想かぶれや、頑固な爺の優越思想等が、例に当てはまる。結論が決まっていて、全て、その論理を闘争とするからである。

 

 何度も書くが、『ああ言えば、上祐(こう言う)』論である。

 

 それに引き比べて、率直で素直な真実の叫びは、言葉を越えて説得力を持つ。その典型であろうか?

 

泣ける話 【自衛隊】 女子高生の怒り


 又しても、序でに書いておこう。(
飯山爺に対する議論であるから、スルーする人はスルーしてほしい!

 

 議論は、見解の相違があれば、当然の事ながら発生する。正しい、いや、あるべき議論の展開は、先ず、見解の相違点を明らかにすることから始まる。そして、それを出し切り、それについての論駁が始まる。

 

 そして、収束するのが普通であるが、議論すればする程、論点が増大するのは何故か? 論点ずらし始まるからである。負ける論点は、はぐらかし、別の論点を見つけ、それを論ずる。

 

 その繰り返しが始まったら、収束することは先ずない。これを、ピンポイント議論と言うのである。喧嘩議論というのは、こう言う場合が多い。

 

 元々、収束することなど、念頭にはなく、只、勝つことだけに執着しているからだ。

 

 こうなれば、喧嘩でしかない。こう言う議論は、虚しく、疲れだけが溜まる。夫婦げんかにもこう言うケースが多い。議論を装った喧嘩に過ぎない。

 

 こう言う場合、ウソでも妄想でも、何でもかんでもが出てくる。論点がなくなれば、何が飛び出すか分かったものではない。要するに、負けたくないだけである。相手が屈服するのを唯一収束点としているのである。これは議論の収束とは言わない。

 

 単なる勝ち負けの問題だ。

 

 そして、その議論の特長は、ニヒルに嘲笑か、負けそうなケースでは、自己嘲笑ではぐらかす。そして、言葉も醜く、反撃が始まる。そして、哄笑して(を表現して)優越感を示す。

 

 これを端的に表現したのは、言いがかりという言葉である。

 

 どこかで見てきたような風景である。

 

 正しい、あるいはあるべき議論は、相手に納得を求めるものであるから、あくまで言葉は慎重に、そして、柔らかく受け入れやすい言葉を選ぶものである。そして、論点を一つ一つ消し込んで、合意点を見つけようとする。

 

 決して、妥協するのではない。交渉事の場合、行動するという目的があるから、妥協も当然必要となる。それは致し方のないことである。

 

 単なる見解の相違は、妥協する必要はないのである。違いを理解し、認めることで足りるから、相違点が明確になれば、相手は相手、自分は自分であることが明確になりさえすれば、それでよいからである。

 

 人間はそれぞれ違っており、考え方も当然違っても致し方がない。かといって、攻撃はすることは無用なのである。感性も違い、立場も違う。それで、仲良くなれないかと言えば為れるからだ。

 

 そうだろう。男と女は、絶対的に違う。又、ボスと僕は立場が違う。しかし、相互的に補完しあっているではないか? それを忘れて、ボスが僕を攻撃するのは、立場を忘れて、その原因たる自己を卑下している醜い姿である。

 

 女房の悪口を天下に公言する程、醜い男の姿はない。同時に、その逆も同じである。

 

 こうして飯山一郎氏との関わりを俯瞰するに、彼は編集長たる僕を天下に罪状を曝露し、攻撃した。それを彼のブログの読者に対する公益と表現している。取って付けた言い訳である。

 

 事実関係を、あずかり知らないのは読者である。

 

 それを肯定すべく、編集長たる僕の為した転載記事を攻撃対象としたのである。転載対象になった記事のブログ主まで、詐欺だ、一味だと妄想を展開したのである。挙げ句の果て、言論の自由、思想信条の自由が世界の潮流にも関わらず、その内容までも批判している。

 

 批判するのは結構であるが、その動機が見え透いている。見え透いていると言うより、自らが自白しているから明らかである。取って付けた言いがかりではあるが、詐欺だ、一味だ、やれ天皇貶め論だと、下手な論理を展開している。妄想である。

 

 実に惨めである。

 

 私が時折為すオプトインアフィリエイトを、訳も分からず、自分の商品アフィリエイトをさておいて、マルチ(これは彼の眷属の言)だ、ドロップショップ詐欺だと見当違いの妄想を振りまく。

 

 挙げ句の果て、私はズルイと一刀両断する。結構、ズルイと言われようが痛痒だにしないが、何処がズルイか、立証してみろと言いたい、出来ないだろう。

 

 商品が高いだの、彼の商品アフィリエイトが安いだの、不確定要素の値段論理まで為す。高い商品を売るものは、全部詐欺なのか? と問おうものなら、応えられぬだろう?

 

 高い安いは、彼が決めるらしい。5000円は、どう考えても妥当範囲と気が付いて、『微罪』等と取り繕う。値段は不確定なものである。得意な相場で、高いも安いもなかろうものを、本質市場原理の問題であることを棚に上げて、都合の良い、他人の商品にケチを付けているのである。

 

 これがピンポイント論理と言わずして、何と言うのであろう?

 

 これは、もはや頭脳狭窄症である。

 

 挙げ句の果て、『告訴』を宣言することを、恐喝というのであるから呆れてものが言えない。告訴は国民に保証された権利である。権利を主張することは、恐喝になるはずもない。

 

 『警察を呼ぶぞ』と言えば、彼にとって恐喝らしい。そんな分けはないのである。『○×組(暴力団)を呼ぶぞ』と言えば、話は別である。稚児の主張を彷彿させる。

 

 盛んに弱いものイジメと主張する。誰が決めたのか? 彼に泣きついてくる者は皆、弱い者であるつもりらしい。彼から去る者は、『貴様!』となる。

さらに、与える、奪う、を力説する。自らは与える者、攻撃する相手は奪う者という断定、妄想である。彼は何を与えたのであろうか? 聞いてみたい。盛んにブログに記事を書き、読者が増えたから、与えた気分なのであろうか? 

 

 電話応対を丁寧にするから、与えた気分であろうか?

 

 はたまた、高説を垂れるから、与えた気分であろうか? 見当違いも甚だしい。世間では、書き手にとって、読者こそ神様である。商売人は消費者こそ神様ではないのか? 只で商品を配りでもすれば、神様と誤解されるであろうが、これも又、誤解である。

 

 それをするなら、喜捨したか? 喜捨は、仏弟子の修行であって、仏弟子は神様ではないのである。だから、与えるのは、必ずしも神様ではないのである。

 与えることを学ぶことは、神の恩寵なのである。それ故、相対界に於いて、商人は商品を売るが、便宜を与えているのであり、それを承諾し、納得すれば、消費者から感謝を与えられるのであって、それが成立すれば、互いが神様なのである。

 僕を攻撃し、関与するブロガーを攻撃することが、与えることか? 見当違いも甚だしい。

 以上、取りあえずの議論でした。(ピンポイント論理対する議論) お次は如何に? どうぞ!



『永遠の『永遠の夏休みを手に入れる方法』
     キャンペーン!
   
 
11月26日18時キャンペーンスタートです!





夏休みと聞いてあなたは何を思い出しますか? 友達と毎日、プールに行ったりゲームをやったりして遊んだ日々。 家族でキャンプに行ったり海に行ったり 田舎のおじいちゃんの家にあそびに行き一緒に花火をやったり 1ヶ月間学校に行かずに自由に過ごせた日々。 楽しい思い出が沢山あったと思います。 将来に対して、1ミリの不安もない希望だけの毎日。 しかし、就職して、結婚して、仕事に追われる様になり もう、あのような日々は二度と来ないとあきらめていませんか? 今からでも、あの夏休みがもう一度手に入るとしたら。。。 しかも、次は「大人バージョン」で。 ⇒ http://123direct.info/tracking/af/1046957/idkNGjIa-iXwl9PqT/ このノウハウを紹介している二谷誠さんは バックパッカーで18歳から24歳までの約5年間 オーストラリア⇒ジャマイカ⇒キューバ⇒ニューヨーク⇒シンガポール⇒タイ⇒ラオス⇒カンボジア⇒ベトナム⇒中国の奥地⇒上海⇒香港 ⇒ニュージランド…… と世界を放浪し 25歳で起業し現在はグループ年商10億円の会社を経営する傍ら 『1日500円生活のバックパッカーから年商10億円の会社を作った理由』 という本も書いています。 その二谷さんが今回 「永遠の夏休み推進協会」を立ち上げ 世界中を旅し続けて、やっとやっとやっと見つけた! "永遠の夏休みを手に入れる方法" を公開しています。     その方法さえ知ることができれば、 あなたの夏休みは終わらない、永遠に。。。 ⇒ http://123direct.info/tracking/af/1046957/idkNGjIa-iXwl9PqT/



a:2548 t:1 y:0

コメント


認証コード0231

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional