ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

シリアの化学兵器が実際には何であるかが発覚! -拡散-

カテゴリ:123

シリアの化学兵器が実際には何であるかが発覚! -拡散-

詐欺を追求するときりがないが・・・
何と言って、レアな情報はこれだろう!
戦争詐欺の詐欺ロジックを嗤おう・・・
フッ素は水道水にもその他のトイレタリー製品には、
多く、現在混入されている。
フッ素は化学兵器である。
シリア以外の国民も化学兵器の攻撃に晒されている・・・



 ジョン・ケリーは言った。


 化学兵器で攻撃するアサド政権は、罰せられなくてはならない。何故なら、シリアでサリン兵器が使われたとの証拠があるからだ。

C_7


 サリン兵器を検証する機器は、フッ素を検知する。毛髪から、それが検知された。


 故に、アサド政権はサリン兵器を使用したのだ。だから、攻撃しなければならない。


 と言うわけだろう。


 大抵のアメリカ人は、毛髪からフッ素が検知される。それはフッ素が日常品に添加されているからだ。

C_5

Fusso

 

 フッ素は、メディアも認める化学兵器である。と言う事は、アメリカ人は化学兵器で攻撃されている。フッ素を添加した者は誰か?

C_2

C_1

 
 
 その人物、企業を攻撃しなければならない。ジョン・ケリーはかく語りき。

Kerry1308




 フッ素添加の指令を出したのは、言うまでもなく、イルミナティーであり、イルミナティー企業である事は、既知の事実だ。イルミナティーに手繰られるか、脅された政治家が、イルミナティーを攻撃せよと述べているのである。


 これ程のブラックジョークがあるだろうか。果たして、ジョン・ケリーはそれを見越して、発言したのか? 知らずに発言したのか? どっちにせよ、論理的帰結はそうなる。


 今人気の『ジョン・ケリー 「米国の皆さんはシリアの国民と同じ猛毒化学兵器で毎日アタックされている!」 』(宇宙への旅人さん)から、引用、記事にした。


シリアの化学兵器が実際には何であるかが発覚!



a:5118 t:1 y:1

コメント


認証コード2259

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional