ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトPartⅡです。

PLEASE SPREAD(拡散)!!米国諜報大佐のEメール

PLEASE SPREAD(拡散)!!米国諜報大佐のEメール

まあ、出てくるわ、出てくるわ・・・
シリア化学兵器攻撃のシナリオは、米諜報機関!!
下手人は、反乱軍!!
バレても、厚顔無恥に主張するのが、
何処にでも居る詐欺師(偽善者)である!

 

 少し、冗長になるかも知れないが、シリア化学兵器攻撃の謀略の傍証である。この攻撃は、いつもの自作自演、脚本:米国陸軍諜報部、配役:シリア反乱軍という構図が、明らかになった。

Syrianrebels

 


 当然、予見された事であるが、一応、確証が重要である。冗長かも知れないが、前回の後回し事項であるから、掲載しておこう。

 

 詐欺師集団は、何処から何処までが本心で、ウソは何処にあるかを見極めるのが、難しい。ウソとバレても、シャーシャーと白を切る。執拗に目的完遂まで追い求めるから、始末が悪い。

Syrianrebels31

 


 その中で、ビデオまで使って、田舎三文芝居まで組み込むから、念の入れようであるが、すぐにバレる。作りがいかにもわざとらしいのである。子供でも、死人でも詐欺のためなら、お構いなしだ。

 生血をすすり、死人の心臓まで食らう人種であるから、ほとんど情緒欠陥の人間もどきである。こういう手合いでないと、化学兵器や核兵器の使用は困難であろう。それで居て、人道だの救済だのとほざくのである。

Abrs1np0


 全ては、人を欺す事に掛けては、悪魔性の磨きが掛かっている。

 人道だ、救済だ等と言いながら、又、大量殺戮を企図するから、始末が悪いと言ったら、他にないだろう。

 ところで、攻撃する相手に対しては、その直前に親しげに死の握手を交わすところは、いずれの時も同じである。今回は、シリア内戦詐欺の始まる前、アサドと親しげに食事を交わしている貴重な画像がある。

16132


 【転載開始】URGENT :Hacked Email Of US Intelligence Colonel Shows Pentagon’s Involvement In Chemical Attack In Syria ~ The video with the children killed in the chemical attack near Damascus was staged by U.S. Intelligence (PLEASE SPREAD) ~ ENG/ITA

What do you all think about this? ~J

by Syrianetwork
September 1, 2013
Thanks to DB

The video with the children killed in the chemical attack near Damascus was staged by U.S. Intelligence

20130901

WE HAVE JUST RECEIVED THESE INFORMATIONS, ALREADY PUBLISHED ON 2 DIFFERENT WEB SITE: PLEASE SPREAD breaking-news 
Hacked Email Of US Intelligence Colonel Shows Pentagon’s Involvement In Chemical Attack In Syria

The situation in Syria is still in the focus of world media. Experts predict another U.S. aggression for “human rights”. Washington regularly declares its readiness to attack Syria. The official version – to punish al-Assad and Syrian army for the use of chemical weapons against the civilian population.

Meanwhile, the media has spread new proofs of the U.S. intelligence involvement to chemical attack near Damascus. Hacker got access to U.S. intelligence correspondence and published U.S. Army Col. ANTHONY J. MACDONALD’s mail.

Macdonald is General Staff Director, Operations and Plans Office of the Deputy Chief of Staff for Intelligence the Army Staff.

It’s about chemical attack in Syria.

Pentagon may be involved in chemical attack in Syria

In the message August 22 Eugene Furst congratulates Col. on successful operation and refers him to Wasington Post publication about chemical attack in Syria.

From the Anthony’s wife dialog with her friend it’s clear the video with the children killed in the chemical attack near Damascus was staged by U.S. Intelligence.

Click Here to continue reading.

Related articles【転載終了】

簡訳ペンタゴンがシリアの化学兵器攻撃に関与していることが判明
ハッキングによって盗み見られた米国諜報大佐のEメールでは、ペンタゴンがシリアの化学兵器攻撃に関与していることが判明した  

2013年9月2日

http://jhaines6.wordpress.com/2013/09/02/urgent-hacked-email-of-us-intelligence-colonel-shows-pentagons-involvement-in-
chemical-attack-in-syria-the-video-with-the-children-killed-in-the-chemical-attack-near-damascus-was-staged-by/

Hacked Email Of US Intelligence Colonel Shows Pentagon’s Involvement In Chemical Attack In Syria Sept 2, 2013 

シリアにおける情勢は、依然として世 界のメディアの注目を集めている。専門家はもう一つの米国の”人権”侵害を予言している。

ワシントンは定期的にシリア攻撃の準備が出来ていると公言してい る。高官は、アル・アサドとシリア軍が民間人を対象にした化学兵器の使用を罰するとの決まり文句を言っている。
 

一方で、メディアは、米国の諜報部隊のダマスカス近傍での化学兵器攻撃への関与の新しい証拠を示している。ハッカーが米国の諜報部隊の関与を発見し、米国陸軍大佐、アンソニー・J・マクドナルドのメールを公表した。
 

マクドナルドは、陸軍の諜報スタッフであり、作戦、及び計画オフィス副主任のスタッフディレクターである。
 このメールは、シリアにおける化学兵器攻撃に関するものである。

ペンタゴンがシリアにおける化学兵器攻撃に関与している可能性がある。 8月22日のメッセージでは、ユージン・フルストが大佐の作戦の成功について祝い、シリアにおける化学兵器攻撃についての彼のワシントンポストの記事について述べている。 

アンソニーの妻と、彼女の友人との会話では、ダマスカス近傍で殺害された子供の様子を撮影したビデオが、明らかに米国の諜報部隊のたくらみによることが明らかである。
 更なる詳細は、http://syrianetwork.org/?p=2140 を参照。 
翻訳 Taki【簡訳終了】




【転載開始】Rebels Admit Responsibility for Chemical Weapons Attack     

Militants tell AP reporter they mishandled Saudi-supplied chemical weapons, causing accident

Paul Joseph Watson
Infowars.com
August 30, 2013 

Syrian rebels in the Damascus suburb of Ghouta have admitted to Associated Press correspondent Dale Gavlak that they were responsible for last week’s chemical weapons incident which western powers have blamed on Bashar Al-Assad’s forces, revealing that the casualties were the result of an accident caused by rebels mishandling chemical weapons provided to them by Saudi Arabia.

Image: YouTube

“From numerous interviews with doctors, Ghouta residents, rebel fighters and their families….many believe that certain rebels received chemical weapons via the Saudi intelligence chief, Prince Bandar bin Sultan, and were responsible for carrying out the (deadly) gas attack,” writes Gavlak. (back up version here).

Rebels told Gavlak that they were not properly trained on how to handle the chemical weapons or even told what they were. It appears as though the weapons were initially supposed to be given to the Al-Qaeda offshoot Jabhat al-Nusra.

“We were very curious about these arms. And unfortunately, some of the fighters handled the weapons improperly and set off the explosions,” one militant named ‘J’ told Gavlak.

His claims are echoed by another female fighter named ‘K’, who told Gavlak, “They didn’t tell us what these arms were or how to use them. We didn’t know they were chemical weapons. We never imagined they were chemical weapons.”

Abu Abdel-Moneim, the father of an opposition rebel, also told Gavlak, “My son came to me two weeks ago asking what I thought the weapons were that he had been asked to carry,” describing them as having a “tube-like structure” while others were like a “huge gas bottle.” The father names the Saudi militant who provided the weapons as Abu Ayesha.

According to Abdel-Moneim, the weapons exploded inside a tunnel, killing 12 rebels.

“More than a dozen rebels interviewed reported that their salaries came from the Saudi government,” writes Gavlak.

If accurate, this story could completely derail the United States’ rush to attack Syria which has been founded on the “undeniable” justification that Assad was behind the chemical weapons attack. Dale Gavlak’s credibility is very impressive. He has been a Middle East correspondent for the Associated Press for two decades and has also worked for National Public Radio (NPR) and written articles for BBC News.

The website on which the story originally appeared - Mint Press (which is currently down as a result of huge traffic it is attracting to the article) is a legitimate media organization based in Minnesota. The Minnesota Post did a profile on them last year.

Saudi Arabia’s alleged role in providing rebels, whom they have vehemently backed at every turn, with chemical weapons, is no surprise given the revelations earlier this week that the Saudis threatened Russia with terror attacks at next year’s Winter Olympics in Sochi unless they abandoned support for the Syrian President.

“I can give you a guarantee to protect the Winter Olympics next year. The Chechen groups that threaten the security of the games are controlled by us,” Prince Bandar allegedly told Vladimir Putin, the Telegraph reports.

The Obama administration is set to present its intelligence findings today in an effort prove that Assad’s forces were behind last week’s attack, despite American officials admitting to the New York Times that there is no “smoking gun” that directly links President Assad to the attack.

US intelligence officials also told the Associated Press that the intelligence proving Assad’s culpability is “no slam dunk.”

As we reported earlier this week, intercepted intelligence revealed that the Syrian Defense Ministry was making “panicked” phone calls to Syria’s chemical weapons department demanding answers in the hours after the attack, suggesting that it was not ordered by Assad’s forces.

UPDATE: Associated Press contacted us to confirm that Dave Gavlak is an AP correspondent, but that her story was not published under the banner of the Associated Press. We didn’t claim this was the case, we merely pointed to Gavlak’s credentials to stress that she is a credible source, being not only an AP correspondent, but also having written for PBS, BBC and Salon.com.【転載終了】



(簡訳)反乱軍は化学兵器攻撃の責任を認める

アレックス ・ ジョーンズ チャネル アレックスジョーンズ ショー ポッド キャスト監獄惑星テレビ Infowars.com Twitter のアレックスジョーンズ ' Facebook Infowars ストアします。

過激派言う AP レポーター サウジアラビア供給の化学兵器を誤った事故を起こす

ポールジョセフワトソン
Infowars.com
2013 年 8 月 30 日

ア ルグーターのダマスカス郊外でシリア反乱軍を関連付けられたプレス特派員死傷者が反乱軍サウジアラビアによってそれらに提供される化学兵器を誤操作によっ て引き起こされる事故の結果を明らかに西欧列強バシャール · アサド軍を非難している先週の化学兵器事件を担当したデール Gavlak を認めています。


Gavlak を書き込みます「医師、グータ住民、反乱軍の戦闘機とその家族を持つ多数のインタビューから多く受け取ったは信じる特定の反乱軍王子バンダル ・ ビン ・ サルタン、サウジアラビアのインテリジェンス課長を介して化学兵器 (致命的な) ガス攻撃を遂行するために責任があった」。(ここにバージョンをバックアップ)。

反乱軍彼らいた化学兵器の処理方法に関するトレーニングを受けが正しくまたはも彼らがいた言った Gavlak を語った。武器最初のアルカイダ分派 Jabhat アル Nusra に与えられることになっていたように見えます。

"我々 はこれらの腕について非常に好奇心.残念なことに、いくつかの戦闘機の武器の不適切な取り扱い、爆発をオフに設定、"Gavlak に語った 'J' という名前の 1 つの過激派。

彼の主張は、Gavlak に言った、'K' という名前の別の女性戦闘機によってエコー"彼ら didn't 教えてこれらの腕はまたはそれらを使用する方法。彼らは化学兵器とは知らなかった。まさか化学兵器をいた."

反対の反乱の父アブドル Moneim アブも Gavlak に言った、"私の息子私に来て 2 週間前の武器は彼が運ぶように頼まれていただと思ったを求めて"「巨大なガスのボトルです」のような他の人が中に「チューブ状の構造」を持つものとしてそれらを記述します。父の名前アブ アーシャとして武器を提供したサウジ過激派。

アブドル Moneim によると、武器はトンネルの中、12 の反政府勢力が死亡爆発しました。

Gavlak を書き込みます 1 ダース以上の反政府勢力のインタビュー「報告」彼らの給料はサウジ政府から来た。

場合、正確なこの物語が完全にアサドは化学兵器の攻撃の背後に「否定」の正当化で設立されたシリアを攻撃するユナイテッド States' ラッシュを脱線させます。デール Gavlak の信頼性は非常に印象的です。彼とされている、中東 Associated Press の特派員の二十年はまた持っているナショナル パブリック ラジオ (NPR) を働いたし、BBC のニュースの記事を書いた。

物語最初登場 - ミント プレス (これは現在の記事を集めている巨大なトラフィックの結果) は、ミネソタ州に拠点を置く正当なメディア組織のウェブサイト。ミネソタ州のポストはそれらのプロファイル最後の年でした。

反政府勢力を提供するサウジアラビアの疑わしい役割彼らは激しく化学兵器を毎ターンでバックアップしている人はシリア大統領のためのサポートを放棄しない限り、サウジで来年のソチ冬季五輪でのテロ攻撃でロシアが脅かされていることこの週の初めの啓示を与えは驚きです。

"私はあなた来年の冬季オリンピックを保護するために保証を与えることができます。ゲームの安全を脅かすチェチェンのグループによって制御されます私たち、"プリンス バンダルは伝えられるところでウラジミール · プーチン, 電信レポートを言った。

オバマ政権は、今日の努力の成果を証明するアサドの軍がアメリカの役人ニューヨーク ・ タイムズ大統領アサド攻撃に直接リンクしている「煙る銃」がないことを認めるにもかかわらず、先週の攻撃の背後に知性を提示する設定されています。

米国の情報当局者も、関連付けられた記者に語ったアサドの有罪を証明するインテリジェンス「スラムダンク」がないこと

我々 は今週報告、傍受インテリジェンス シリア防衛省シリアの化学兵器部門、攻撃の後の時間で答えを要求それだったアサドの軍によって順序付けされていないことを示唆している「パニック」電話を作っていた明らかにしました。

更新日: 関連プレス デイブ Gavlak は、ap 通信特派員が彼女の話は Associated Press の旗の下で発行されていないことを確認するために私達に連絡。我々 はこの場合に、我々 は単なる Gavlak の資格情報を指す彼女が信頼できるソースであるだけでなく、ap 通信特派員 PBS、BBC、Salon.com 書いたことも強調して主張しなかった。【簡訳google翻訳:手直しなし】



a:182832 t:2 y:0

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード9416

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional